Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2010.10.23 - NHK杯 SP 新闻报导

▶ 2010 NHK杯 SP 图集

高橋、圧巻の演技でSPトップ!   
sanspo 2010.10.23 13:47
 フィギュアスケート・グランプリシリーズ第1戦・NHK杯(名古屋・日本ガイシアリーナ)男子ショートプログラム(SP)でバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(24)=関大大学院=は78・04点で圧巻の1位、羽生結弦(15)=東北高=は5位につけた。
 高橋はジャンプで1度手をついたが、全体的には安定した演技。“世界一”とも言われる得意のステップで会場を魅了し、78・04点をマークしてトップに立った。
 滑り終えた高橋は「お客さんが乗ってくれたので気持ちよく滑れた。後半はバテてステップが甘くなった。ジャンプのミスもあり残念だったが、得点が思ったより出て嬉しかった」とコメント。24日に行われるフリーは「改善していくべきところはたくさんある。明日のフリーは後半の部分を丁寧にやっていきたい」と意気込んだ。
 今年3月の世界ジュニア選手権で優勝し、シニアデビューとなった羽生は持ち味の柔軟性を生かし、15歳とは思えない華麗な演技を披露。69・31点をマークして5位につけた。フリーについては「スピードのある演技をして、得点を伸ばしたいです」とコメントした。
 また、無良崇人(19)=中京大=は63・20点で9位だった。

羽生結弦
「思った以上に緊張したけど、自分の演技に集中した。ちょっとスピードがなかったり、スピンでぐらついたりしたけど、ジャンプは良かったし、感情の入ったいい演技ができた」


★★★

NHK杯男子SP選手コメント
sportsnavi 2010年10月23日(土) 17:15
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201010230007-spnavi

羽生結弦「いい演技ができた」
――SPを終えて
 緊張はしていたが、ジャンプはほとんどできたので、いい演技ができたと思う。
――いい点数も出た。手応えは
 まだまだショートで終わりではないので、もっと高みを目指してフリーで頑張りたいと思う。
――(3Lz+3Tの3Lzで)ジャンプの軸がずれたけれど、次の3Tにつなげた
 昨年の自分だったら(2つ目の)3回転をつけなかったと思うが、今日はコンビネーションのトリプルの方が調子がよかったので付けられたかなと思う。
――(女子SPで)村上(佳菜子)選手の2位という結果は
 緊張した。2位という順位がすごいと思った。ここまで通用するんだという自信にもなった。

★★★

男子SP 高橋大輔選手が首位  
NHK 10月23日 18時47分
名古屋市で開かれているフィギュアスケートの国際大会、NHK杯は2日目、男子シングルのショートプログラムで、高橋大輔選手が首位に立ち、好スタートを切りました。
男子シングルに、日本からはバンクーバーオリンピック銅メダルの高橋選手のほか、昨シーズンのジュニアの世界チャンピオン、15歳の羽生結弦選手と無良崇人選手が出場しました。高橋選手は3回転半ジャンプの着地で手をつくミスがありましたが、サンバなどのリズミカルな曲に合わせたステップで会場をわかせ、78.04でトップに立ちました。また、羽生選手は柔らかい体を生かしたスピンで最高レベルの評価を受けるなど技術点でトップの得点をマークし、69.31で5位につけました。無良選手はただ1人、4回転ジャンプを成功させましたが、そのほかのミスが響いて63.20の9位と伸びませんでした。男子シングル後半のフリーは24日に行われます。浅田真央選手と村上佳菜子選手が出場する女子シングルのフリーは23日夜、行われます。