Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2011.06.18-19 FaOI 金沢

氷上の舞に倉木麻衣さん フィギュア金沢・ゲスト歌手
  人気歌手倉木麻衣さんが6月18、19日、金沢市で開催されるフィギュアスケート金 沢「FantasyonⅠce2011」(北國新聞社など主催)に特別ゲスト歌手とし て出演し、スケーターらとコラボレーションすることが19日決まった。
 倉木さんのリズムに乗った透明感あふれる歌声に合わせ国内外のトップスケーターらに より、まさにファンタジックな氷上の世界が繰り広げられる予定。全スケーターが参加す るショーの冒頭とフィナーレのほか、個別の共演も想定されており、今後、選曲、ショー の構成などの打ち合わせが進められる。
 倉木さんは1999(平成11)年にデビュー、「Love,Day After T omorrow」を皮切りにシングル35作すべてがオリコントップ10入りするなど圧 倒的な人気を集めてきている。
 フィギュアスケート金沢には女子では今年の世界女王・安藤美姫、トリノ五輪金メダリ ストの荒川静香、村上佳菜子ら、男子では世界屈指の氷上のエンターテイナー、フィリッ プ・キャンデロロ(仏)、2007世界王者のブライアン・ジュベール(同)、トマシュ ・ベルネル(チェコ)、羽生結弦(ゆづる)らが出演することになっている。
 公演は6月18日は正午、午後5時半開演、19日は正午開演の計3回。チケットは全 席指定でSS席(特設席)1万8千円、S席1万4千円、A席9500円、B席6千円で 、特設席1列目のプラチナ席は売り切れ。北國新聞社事業局=076(260)3581 =、北國新聞イベントガイド=http://hk-event.jp=で受け付けてい る。

★★★

氷上の夢舞台開演 フィギュアスケート金沢 安藤、荒川、村上らスター選手登場
富山新聞 6月18日15時48分
フィギュアスケート金沢「FantasyonIce2011」(同実行委員会、北國新聞社主催)は18日、2日間の日程で、金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで開幕 した。国内外のトップスケーターが優美に、情熱的に銀盤のステージを舞い、特設リンクを幻想的なムードで包み込んだ。
正午に公演の幕が開き、スケーター総出演によるオープニングでは、スペシャルゲスト ・倉木麻衣さんの歌声に乗せた群舞がリンクを華やかに彩った。
第1部では、2007年世界王者のブライアン・ジュベール選手や、「氷上のエンター テーナー」として知られる長野五輪銅メダリストのフィリップ・キャンデロロ選手、村主章枝選手らが個性あふれる演技を繰り広げた。トリノ五輪金メダリストの荒川静香選手は、伸びやかな滑りで女王の貫禄(かんろく)を示した。
今年のアイスダンス欧州覇者のナタリー・ペシャラ・ファビアン・ブルザ組が息の合っ たペアダンスを披露し、華麗な空中演技も会場を盛り上げた。

第2部には、今年の世界女王・安藤美姫選手や、2010年世界ジュニア王者の羽生(はにゅう)結(ゆ)弦(づる)選手、村上佳菜子選手らが登場した。
大阪府高槻市から駆け付けた会社員垣端藍さん(25)は「海外のトップスケーターを 間近で見られるまたとない機会。競技会とは違う演技が楽しみです」と話した。18日は午後5時半から夕方の部が予定されている。19日も正午から開演する。問い合わせは北國新聞社事業局=076(260)3581=まで。

★★★

金沢市内でアイスショーに出演した安藤美姫(共同)
sanspo 2011.6.18 17:51
4月に開催されたフィギュアスケートの世界選手権(モスクワ)で、4年ぶり2度目の優勝を飾った女子の安藤美姫(トヨタ自動車)が18日、凱旋公演となる金沢市内でのアイスショーに出演し、しっとりとした演技で観客を魅了した。
安藤は「千の風になって(英語バージョン)」の曲に乗り、東日本大震災の被災者に思いを寄せてつくられたという新プログラムを初披露。「演技に込める気持 ちが伝わればいい。世界選手権も、自分の演技が被災者の方々の力になればうれしいと思って滑った。優勝は日本の皆さんのおかげと、スケート人生で一番身を もって感じた大会だった」とあらためて感謝の思いを口にした。
ショーには荒川静香さんや村上佳菜子(愛知・中京大中京高)羽生結弦(宮城・東北高)も登場し、歌手の倉木麻衣さんがゲスト出演。収益金の一部は震災の義援金として寄付される。(共同)

★★★

再会は金沢のリンク 仙台出身・羽生選手と避難の同級生
北國新聞 6月18日02時47分

http://i.imgur.com/NcvK9w1.jpg
再会を果たした羽生選手(左)と坂田さん一家=金沢市のいしかわ総合スポーツセンター
 フィギュアスケート金沢「FantasyonIce2011」の開幕を翌日に控えた 17日、出演する2010年世界ジュニア王者・羽生結弦(はにゅうゆづる)選手(16 )=宮城・東北高、仙台市在住=が、会場となる金沢市のいしかわ総合スポーツセンター で、東日本大震災を受けて金沢市内に避難中の同級生一家と再会した。18日で震災発生 から100日。男子フィギュア界の新星は「いつもよりさらに気持ちを込めて滑る」と意 気込んだ。
 羽生選手と再会したのは、仙台市の会社員坂田俊明さん(51)ら家族5人。長男・裕 (ゆう)熙(き)君(16)は小中学校が羽生選手と同じで、羽生選手は自閉症の裕熙君 にスケートを教えるなど親身になって支えてくれたという。裕熙君はこの日、体調不良の ため、会場に来られなかった。
 リンク脇で対面した坂田さん一家は、激励メッセージ入りのうちわなどを羽生選手に手 渡した。うちわには、仙台市の「アイスリンク仙台」で撮影した小学5年生当時の羽生選 手と裕熙君のツーショット写真などをプリントした。
 3月11日、羽生選手はそのリンクで練習中に被災した。天井が崩落しそうなほどきし み、「『怖い』という言葉では表せない状況だった」と振り返る。慣れ親しんだリンクは 、今も復旧していない。避難所で4日間を過ごし、家族4人で1個のおにぎりを分け合っ た日もあったという。
 一時は「こんな時にスケートをしていていいのか」と葛藤した羽生選手だったが、滑り を通じて被災地を励ましたいと再起した。
 「結弦君の活躍に勇気をもらった」という坂田さんらの言葉に、羽生選手は「自分の気 持ちが届いてうれしい」と笑みをこぼし、「(被災地のスケーターとして)注目されるプ レッシャーを力に変え、一緒に頑張っていきたい」と力を込めた。
 坂田さん一家6人は、羽生選手と同じ避難所で過ごした後、内灘町に住む旧友の助けで 被災地を逃れた。不安な日々の中、新聞が報道する羽生選手の活躍が励みになった。
 坂田さんは「地震を乗り越えて、一皮むけた大人の顔になっていた」と目を見張り、妻 の和代さん(51)は「結弦君も逆境をばねに頑張ってきた。子どもたちも、石川に来た ことが人生のプラスになったと思えるよう強くなってほしい」と話した。
 長女の瑞季さん(14)は「励ましの言葉をもらって、また頑張ろうと思えた。リンク に立つ姿は初めて見るので楽しみ」と笑顔を見せた。

★★★

幻想の舞、フィナーレ フィギュア金沢
富山新聞 6月20日02時51分

http://i.imgur.com/oG4Fxio.jpg
フィナーレで観客の喝采に応える出演者=金沢市のいしかわ総合スポーツセンター
フィギュアスケート金沢「FantasyonIce2011」(同実行委員会、北國 新聞社主催)は最終日の19日、金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで行われた。国内外のスケーターら11選手と3組が見せる華麗な技やコミカルな演出に、会場は感嘆の 声と笑いに満たされ、2日間3公演を締めくくった。
今年の世界女王・安藤美姫選手、トリノ五輪金メダリストの荒川静香選手は、世界を制 した技と表現力で観客のため息を誘った。
若手ホープの村上佳菜子、羽生結弦(はにゅうゆづる)、今井遥、町田樹の各選手が伸 びやかな滑りを披露し、鈴木明子、村主章枝の両選手は大人の色気を感じさせるダンスで 観客を魅了した。
海外勢では、豪快なジャンプが持ち味の2007年世界王者ブライアン・ジュベール選手や、長野五輪銅メダリストのフィリップ・キャンデロロ選手、トマシュ・ベルネル選手の登場に黄色い声援が飛んだ。
欧州選手権アイスダンス覇者のナタリー・ペシャラ、ファビアン・ブルザ組も息の合った演技を見せた。
スペシャルゲストの歌手倉木麻衣さんの歌に合わせた本邦初公開のプログラムや、リボ ンにつかまって宙を舞う「エアリアル」、コミカルなアクロバットなど、アイスショーでしか見られない演目も会場を盛り上げた。
最後は、出演者全員が帽子と椅子を使ったダンスを披露した後、リンク脇に集まったファンと触れ合いながら、華々しくフィナーレを飾った。
●御礼
フィギュアスケート金沢は盛況のうちに終了いたしました。ご協力いただいた関係各位 に心から御礼申し上げます。
フィギュアスケート金沢実行委員会、北國新聞社