2014.02.07 - sportsnavi - 五輪の魔物に打ち勝った羽生結弦の不動心 “世界王者”と“皇帝”を前にも動じず (大橋護良)

「日本のために全力を尽くすことができた」

http://i.imgur.com/2sEO1Wc.jpg
皇帝プルシェンコが生んだ異様な熱気にものまれることのない“不動心”で羽生は五輪の魔物に打ち勝った【Getty Images】

 世界選手権を3連覇中、ソチ五輪でも金メダルの有力候補に挙がるパトリック・チャン(カナダ)。フィギュアスケート界の“皇帝”にして、過去の五輪3大会で金メダルを1度、銀メダルを2度獲得しているエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)。その2人を前にしても羽生結弦(ANA)は平常心を貫いた。

 ソチ五輪の開会式を翌日に控えた現地時間2月6日、今大会より新設されたフィギュアスケート団体戦の男子ショートプログラム(SP)が行われ、日本チームを代表して出場した羽生は、97.98点の好記録で首位発進した。

「すごい気持ち良かったです。基本的にガッツポーズはしないタイプなんですけど、日本のためにと思ったときはうれしかったです。僕だけのスケートじゃないので、本当に緊張しましたけど、日本のために全力を尽くすことができました」

 初めての五輪、そしてSP終了時点で上位5カ国に入らなければフリースケーティング(FS)に進めないというルール。先陣を切る羽生の出来がチーム浮沈の鍵を握るだけに、その責任は重大だった。加えて今季のグランプリシリーズで3度顔を合わせたライバルのチャンと、「僕にとって足が震えるような(憧れの)存在」と語るプルシェンコが団体戦のSPにエントリーしてきたことで、メンタルコントロールがより難しくなったことは容易に想像できる。

 それでも日々急速な勢いで成長を続ける19歳には関係なかった。冒頭の4回転トゥループをきれいに着氷すると、続くトリプルアクセルもスムーズに降り立つ。コンビネーションでトリプルルッツがやや斜めになってしまったが、そのほかはミスなく演じきった。昨年12月のGPファイナルで世界歴代最高得点(99.84)を記録した得意のプログラムで貫禄の首位となり、後続の味方にバトンを渡した。
羽生の意識を変えたオーサーコーチの一言

 充実の一途を辿る羽生だが、その要因は自身の演技に集中できるようになったことが挙げられる。今季序盤までの羽生は相手を意識するあまり、試合で本来の滑りをできないことがあった。昨年10月のスケートカナダでは、チャンを意識しすぎたことで、自分の演技に集中できず、ミスを連発。チャンに約30点近い差をつけられる234.80点というふがいない結果に終わってしまった。

 しかし、コーチのブライアン・オーサーからの一言でその意識は大きく変わる。

「ユヅルは心のエネルギーを使いすぎている。試合の何週間も前から相手のことを考えていてはいけない。もっとリラックスして、試合直前に集中することが大事なんだ」

 チャンとの3度目の対戦となった12月のGPファイナルでは、発言自体にも変化が見られた。大会の前日会見では「パトリック選手もそうですが、ほかにも素晴らしい選手がそろっているなかで、どれだけ自分に集中できるかが課題ですし、それが自分にとっての挑戦でもあります。勇気を持ってしっかりと足を踏み出し、集中し切れるようにしたい」とコメント。SPで世界歴代最高得点を出しても、「シーズン前は100点を取りたいとか、自分がいままで出した記録を塗りかえたいとか言っていましたが、今日は全然そんなことを考えていなくて、自分のことに集中していましたし、できることを一生懸命やっていただけなので、本当に点数についてはただ驚きです」と、あくまで自身の演技にだけ意識を向けていることを強調していた。

 史上最も過酷な五輪代表選考会となった昨年末の全日本選手権でも、羽生は297.80点と1人異次元のスコアで優勝。「心臓が押しつぶされるくらい緊張した」と演技後に明かしたが、同時に「とにかく自分のペースを保つことをしました。それは具体的に何をしたとか何をするとかではなく、いますべきことをただ淡々とやっていた感じです」と、平常心を心掛けていた。

プルシェンコが作り出した空気にも惑わされず
 この日も、状況的には厳しかった。最終滑走の羽生は、ほかの9選手の結果がすでに出たあとに登場する。いくら得点を見ていなくても、観客の反応でおおよその出来は分かってしまう。4番滑走のプルシェンコは4回転トゥループ+トリプルトゥループのコンビネーションを見事に決めると、その後もミスのない演技を披露。91.39点のハイスコアをたたき出し、詰めかけた地元ファンはスタンディングオベーションでこの英雄の復活をたたえた。

 一気にヒートアップした会場の雰囲気にのまれたのか、5番滑走のジェレミー・アボット(米国)は65.65点と本来の実力とは程遠い結果に終わった。ロシア開催ということもあり、羽生への声援はほとんどない。6分間練習で名前がコールされても、プルシェンコのトップを願う地元ファンからはまばらな拍手しか起こらなかった。

 羽生の直前に滑ったチャンは、冒頭の4回転トゥループでこらえながらの着氷となったため、続いて予定していたトリプルトゥループを跳べずにダブルとなる。これで気勢を削がれたのか、トリプルアクセルでステップアウトしてしまい、不安定な演技に終始。それでも89.71点を出すあたりはさすがだが、プルシェンコが作り出した空気に各選手が惑わされているようだった。

 そんな中でも羽生の心は乱れなかった。「やるべきことは変わらないし、プログラムも変わってないので、ただ淡々とプログラムを楽しめました。僕にとって五輪は夢の舞台なので、そこで足も震えることなく、最後まで全力で滑り切れたというのは、本当に自分を褒めてあげていいんじゃないかと思います」。羽生は自身の演技を振り返り、満足げな表情を見せた。


自分のペースをどれだけ貫けるか
 五輪のような大舞台で結果を残すには、自分のペースをどれだけ貫けるかが重要になってくる。もちろん運を引き寄せる特別な力も必要だが、それもあくまで自身の最大限を尽くしたときに降ってくるものだ。そういう意味では個人戦でも金メダル争いのライバルとなるチャンやプルシェンコとの前哨戦において、平常心で滑り切れたことは大きい。本来の力を出すことができれば、頂点は十分に射程圏内だろう。

 羽生もすでに次の戦いを見据えている。

「団体戦でSPを滑ってみて、いまの自分がどういう状態なのか、自分で分かったことはプラスです。個人戦まで少し時間が空きますけど、僕にとっては良いオフになると思いますし、別の試合として考えられると思っています」

 ソチに着いて、初めての公式練習では緊張もあってか、全く体が動かなかったという。それでも毎日滑っているうちに「普通の試合」と感じられるようになった。そして異様な雰囲気にものまれず、安定感抜群の滑りを披露した。プルシェンコがほぼパーフェクトの演技を見せながらも、さらにその上を行く圧倒的な実力をライバルたちに見せつけた。

 五輪には魔物が棲むと言われている。羽生にもその姿は見えていたようだ。しかし「それにとらわれず、自分がやるべきことはできた」と笑顔を見せる。魔物とは言ってみれば、自身の心に棲みつく弱気な心。それに打ち勝った羽生の目には、個人戦における金メダルへの道程がはっきりと映し出されているのではないだろうか。

sports.yahoo.co.jp