Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2014.03.29 - sportsnavi - 羽生、逆転Vで「町田くんに勝ちたかった」

13-14 赛季 2014 WC Sportsnavi 坂本清

- 羽生部分节录

http://i.imgur.com/1ndWcwd.jpg
羽生(中央)が逆転V。2位は町田(右)、3位にはフェルナンデスが入った【坂本清】

フィギュアスケートの世界選手権第3日は28日、さいたまスーパーアリーナで行われた。
 男子フリースケーティングでは、ソチ五輪金メダルの羽生結弦(ANA)が、フリー191.35点、合計282.59点で初優勝を飾った。羽生はショートプログラム(SP)3位からの逆転V。2位はSP首位で世界選手権初出場の町田樹(関大)。フリー184.05点、合計282.26点で自己ベストを大きく更新した。
 羽生は試合前、緊張していたことを明かしつつ「町田くんに勝ちたい気持ちが強かった。追いかける方が得意なので、良い気持ちで臨めた」、状況を強みに変えて勝利をつかんだ。
 3位はソチ五輪4位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)でフリー179.51点、合計275.93点。3週間前に今大会出場が決まった小塚崇彦(トヨタ自動車)は、フリー152.48点、合計238.02点の6位だった。

以下は、男子優勝の羽生の会見コメント。

――長い戦いを終えての感想は?
羽生 フリーの時間が短く感じました。実際に耐えるシーンもいっぱいありましたし、完璧ではなかったと思うんですけど、最後の試合で『ロミオとジュリエット』というプログラムを最後まで立って演じることができたことをうれしく思います。

――今日の演技を終えて最初に浮かんだ気持ちはどんなものだったのか?
羽生 とにかく頑張ったなと。このプログラムはエレメンツもたくさん入っていますし、4回転2つというのもシーズン通して決まらなかったので、今季最後の試合で決めることができて本当に良かったと思うし、あとはとにかくうれしかった、頑張ったと。

――羽生選手の質問です。フリーの前はどういうことを考えていたか? ソチと比べてより緊張したか、そうではなかったのか?
羽生 最初はちょっと緊張したんですけど、町田くんに勝ちたい気持ちが強かったです。ソチ五輪ではショートのほうが良くて、差は3点くらいしかなかったですけど、追いかけられた中で気持ちのコントロールがうまくできませんでした。ただ今回は(SPで)7点の差をつけられてしまって、実際に僕はフリーで追いかける方が得意なので、ちょっと緊張しましたけど、良い気持ちで臨めたかなと思います。

――ソチ五輪と今大会はどういう部分が違ったのか?
羽生 ソチ五輪はお客さんの数はこことは比べ物にならないと思いますけど、プレッシャーはソチ五輪の方が大きかったなと思います。ただソチ五輪を終えて、良い成績を残せたからこそ、今回の試合は特にショートで緊張したと思います。でもどの試合も違うし、同じ感情というのは存在しないので、それに臨機応変に合わせて、ショートとフリーもできるようにしたいと思います。

――羽生選手と町田選手に質問です。今季のGPシリーズが始まったころと現在の自分で変わった部分はどういったところでしょうか?
羽生 シーズン最初にフィンランディア杯(10月)で4回転サルコウを組み込んでしっかりと決めることができ、フリーはほぼノーミスでできていました。やっとこの試合で、そのスタートラインに戻せたかなという感じです。そこに来るまでにあたって、気持ちのコントロールの仕方だとか、どういうふうに気持ちを持っていけばいいのだろうかというのをいっぱい考えたと思います。僕も本を読んだりして、いろいろな理論を詰め込んで考えてきたんですけど、その理論だけではなくて、自分の気持ちというのを理論外からもしっかりコントロールできる、自分の気持ちも大事にできるということがものすごく今回の試合で大切なことだなと思いました。ひとつひとつの試合で成長してきたと思いますけど、今回の試合が一番僕にとって成長できた試合なんじゃないかなと思います。

全文连接:

sports.yahoo.co.jp