Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2014.12.15 - Number web - 羽生結弦、復活過程で得た「財産」。なぜフリー直後に舌を出したのか? (松原孝臣)

http://i.imgur.com/HzCv4rG.jpg
日本男子史上初のグランプリファイナル連覇をなしとげた羽生結弦。(aflo)

圧勝だった。

 12月12・13日にスペイン・バルセロナで行なわれたフィギュアスケートのグランプリファイナル男子シングルで、羽生結弦が優勝した。昨シーズンの福岡大会に続いての連覇である。
 2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)につけた点差は実に34.26。ショートプログラムの94.08点、フリーの194.08点、合計288.16点、そのすべてが今シーズンの世界最高得点と、他を圧倒しての文句なしの優勝だった。
 中国杯の衝突事故による負傷の影響に苦しんだNHK杯から約2週間を経ての今大会、羽生がどこまで調子を取り戻しているかに、まず関心は集まった。
 公式練習で復調の気配を感じさせた羽生が、心配を払拭したのは、ショートプログラムの冒頭の4回転トウループだった。最初の大技を、羽生は本来の力強さで跳んで成功させてみせたのだ。
 後半のトリプルルッツ-トリプルトウループこそやや強引さがあって転倒したものの、復調を確信させる演技で1位に立った。

「跳んだ瞬間に、きた! って思いました」
 フリーでは、最初に予定している2つの4回転ジャンプ、サルコウ、トウループともに、大きな加点を得た。とりわけ、サルコウはこれまでにないほど完成度が高いものだった。
「サルコウは、跳んだ瞬間に、きた! って思いました」
 羽生自身も、会心のジャンプを演技後にこう振り返った。
 後半トリプルルッツこそ転倒したものの、フリーの自己ベストを更新し、歴代でもパトリック・チャン(カナダ)に次ぐ2位の得点をたたき出し、優勝を決めた。
 羽生はNHK杯後、練習でかなり厳しく追い込んできたという。体の回復あってこそだが、練習の中では、NHK杯前にはできなかった通し練習も行なった。思うように練習できなかった状態から劇的に回復し、充実した毎日を過ごせたことが、グランプリファイナルの出来につながっていた。

羽生が過去にあまり見せてこなかった一面。
 そして今大会改めて実感させられたのは、逆境にあるとき、追い込まれたように見えるときこそ力を出す、力を増す、そんな羽生の特性だった。
 もちろん体調はかなり戻っていただろうし、その間は練習を積むことができたのだろう。とはいえ、普通は1週間も休めば感覚は容易には戻らない、と選手やコーチに何度か聞いたことがある。それを考えれば、羽生のリカバリーの早いは際立っている。
 さらに、勝負への強いこだわりも力を出すための源になっているだろう。
 ただ同時に、今回のグランプリファイナルでは、羽生がこれまであまり見せてこなかった一面も、演技に強く作用したのではないだろうか。
 フリーで印象的な場面があった。ジャンプの転倒のあとのステップで、笑みを浮かべたように見えたのだ。そこには、滑ること、演じることの喜びがあるようだった。
「スケートができることが、いちばんの幸せです」
 試合後のコメントにも喜びがあり、それは逆に負傷後の苦しい心中をうかがわせるものでもあった。

練習できない、思うように滑れなかった日々。
 中国杯からNHK杯までの日々、練習できない、練習を再開しても思うように滑ることができないという状態は、スケーターとして苦しい時間だったはずだ。それこそ、手足を縛られたようなものだったかもしれない。
 ハードな練習を徐々に取り入れ、自らのパフォーマンスと向き合えるようになるまで、滑れない苦しみは続いただろう。バルセロナに入り、公式練習で調子を取り戻してきていることを実感したときには、すでに心中に喜びがあったように思える。
 そしてショートプログラム、フリーと続く中でもその自信はふくらみ、さらに演技を高みへ押し上げたのではなかったか。

羽生が手にした、今後に生きる「財産」。
 羽生本人も言う「幸せ」という感覚は、フリーを滑り終えた直後、苦笑いしつつ舌を出したしぐさにもうかがえる。ジャンプでの転倒を悔やんでのことだったが、それでも思わず明るい表情がこぼれたことにも、演技中の心持ちが表れていた。
 滑る喜びをあらためて実感した今大会は、羽生がこれまでも発揮してきた勝負へのこだわり、負けず嫌いといった性分とともに、これからの財産の1つになっていくことだろう。
 大会を前にした12月7日には、20歳の誕生日を迎えた。
 最良の形で20歳のスタートを切った羽生は、26日からの全日本選手権で、NHK杯とは異なる姿を見せるはずだ。
 その演技に注目したい。

number.bunshun.jp