Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2014.12.29 - Number web - 2014年を終えた羽生が今、思うこと。「壁の先には壁しかないのかな」 (松原孝臣)

14-15 赛季 2014 全日 Number web 松原孝臣

http://i.imgur.com/7BkgFtl.jpg
高橋大輔に続き全日本フィギュア3連覇を果たした羽生。ジュニアGPファイナルを制した宇野昌磨(17歳)が2位となった。(Yohei Osada)

 2014年12月27日、長野ビッグハットで開催されていたフィギュアスケートの全日本選手権のフリーを終えた後、ミックスゾーンに姿を現した羽生結弦は、いつもの大会にも増してスッキリした表情を見せていた。
「ホッとしています」
 ショートプログラム1位で迎えたフリーでは、最終グループの6人のうち3番目に登場。冒頭の4回転サルコウで転倒。続く4回転トウループは成功し、その後のジャンプは次々に成功させていた。ただ演技の出だしから僅かではあるがスピード感に欠けるなど、本調子ではないことをうかがわせてもいた。
 羽生もそれを認める。
「(演技の内容については)若干、悔しい部分はあります。スピンのとき(氷の)穴に引っかかる不運もありましたけど」
 その一方で、こうも言った。
「でも、いい試合でした」
 何が、羽生にそう感じさせたのだろうか?

3連覇以上に羽生に満足を与えた事とは?
 羽生は大会がすべて終了した後、「体調が悪かった」と報道陣に明かしていた。
「グランプリファイナル後の疲れがとれていないということもありますし……体調がとにかく悪くて体力的にしんどかったです。公式練習でも調子が上がらなくて」
 だが、ミスこそあったものの、フリーでは192.50の高得点をマーク。ショートとの合計286.86もまた、他の選手を圧倒している。
 結果もさることながら、羽生に満足感をもたらしていたのは、別なものだった。
「スピードを落としても最後までやりきれたこと。特に後半のトリプルアクセル2つをやりきることができたのは、よかったと思います」
 コーチの目からもはっきりと分かるほど悪いコンディションでも、なんとかまとめあげることができたことを、自身、高く評価したのだ。

体調が悪くても――「いい試合でした」。
 そんな条件下で滑りきったことが、むしろ貴重な経験になったとさえ思ったという。
「体調が悪い中でどうやればいいか。特にサルコウをどう跳べばいいかを意識することができました」
 羽生は、体調が悪くても最後まで自分をコントロールして大会を終えられたことを、高く評価し、「いい試合でした」とコメントしたのだ。
 思えば、羽生にとっての2014年は、シーズンをまたいで、多くの経験を重ねた、長い1年だった。

普通のスケーターでは経験できない特別な1年に。
 まずソチ五輪があった。オリンピックの金メダリストとなってからはこれまでにない脚光を浴び、多忙な日々を送ることになった。その中で、世界選手権にも出場した。
 新しいシーズンとなってからのグランプリシリーズでは大きなアクシデントもあり、そこから再起してのグランプリファイナルの連覇があった。
 当たり前だが20歳の身には、かつてなかった異常な1年となったはずだ。
 全日本選手間の優勝が決まった直後には、羽生自身もこう語っていた。
「今年はオリンピックから始まり、ほんとうにたくさん経験させてもらったなと思います。いつも以上に精神的にも肉体的にもいろいろなことがありましたし、それは誰もが経験できることじゃない。例えばオリンピックの後のシーズンに臨む王者としての心構えや、中国杯でアクシデントがあって、その後のNHK杯でボロボロだったりと……。ふつうのスケーターなら経験できないことをたくさんさせていただいた1年だったと思います」
 そんな1年を締めくくる大会でもまた、悪コンディションに立ち向かうという経験を得たと、このまだ20歳の世界王者は言っているのだ。
 どんなに大きなアクシデントであろうとも、直面した出来事をすべてしっかりと受け止め、むしろ貴重な経験として糧にできることこそ自分の強さなのだと、本人も自覚しているのだ。
 加えてもう1つ、今回の全日本選手権は、羽生の強さの源が示された大会でもあった。
 それは、全選手が演技を終えて、全日本選手権3連覇が確定した後の言葉にあった。

「壁の先には壁しかないのかな、と」
――NHK杯のときに見えた壁は乗り越えたと思いますが、見えたものは?
 そう尋ねられると、羽生はこう答えている。
「壁です。壁の先には壁しかないのかな、と。人間というのはそういうものだと思うし、課題ができたら、人間は欲深いものだからそれを越えようとします。たぶん、僕は人一倍欲張りなんだと思うのと同時に、それを達成するためにサポートしてくれる環境がある。幸せ者だなと思います」
 乗り越えた先には壁があったと、羽生は言う。
 そして壁を越えた先に再び壁を見せているのは、他でもない羽生の貪欲なまでの向上心そのものだということも、よく自覚しているのである。
 全日本選手権優勝で、2015年3月の世界選手権代表選考基準をクリアした羽生。これからも、幸不幸いかなる出来事が起こるにしろ貪欲にそれを糧としていくに違いない――世界選手権までの3カ月間、羽生はいったいどのような成長を見せてくれるのだろうか。

number.bunshun.jp