Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2015.02.13 - Ghana Valentine Event

maidigitv: 羽生結弦、広瀬すずら女優3人からのチョコに「恥ずかしい」

youtu.be
jijipress: 羽生結弦、バレンタインの思い出は…

★★★

http://i.imgur.com/MuNmztO.jpg

http://i.imgur.com/V8atWAL.jpg

★★★

羽生結弦、特大手作りチョコに笑顔! 「恥ずかしいですけど本当嬉しい」
RBB Today 2015年2月13日(金) 04時30分
http://www.rbbtoday.com/article/2015/02/13/128321.html
 モデルの土屋太鳳・松井愛莉・広瀬すずが、フィギュアスケーターの羽生結弦にチョコレートでメッセージを贈った。羽生は、「自分にも、みなさんの想いが届きました。ありがとうございました」と感謝の想いを寄せた。
 土屋・松井・広瀬の3人は、ロッテ「ガーナ ミルクチョコレート」のCM「バレンタイン篇2015」に出演中。また、羽生は同CMの「羽生選手のキモチ篇」に出演している。今回の“チョコメッセージ”のプレゼントは、そのつながりで企画された。
 羽生への応援メッセージにそえて、松井は「年も近かったり、おなじ東北出身ということで、(羽生の)がんばっている姿をみて勇気をもらっている」とコメント。土屋は「着氷の瞬間が本当に素敵なので、これからもその素敵なジャンプからの着氷を拝見したい」と語った。広瀬は「演技後の、すごいやりきった時の“カッ”という顔がすごく印象的だったので、そういった姿を見たい」と述べた。
 チョコを渡された羽生選手は、「すごい!大きいですね。ありがたいですね」と、まずそのインパクトに喜びを表した。続けて、「すごく思いが詰まってますし、恥ずかしいですけど、本当嬉しい。メッセージも届いていて、実際にチョコで書くって難しいと思うが、本当丁寧に書いていただけて、嬉しい」と語った。その上で、「こんなにも想いのこもったチョコレートをありがとうございます。本当に丁寧に(メッセージが)書かれていて、自分にも、みなさんの想いが届きました。ありがとうございました」と謝意を示した。
 CM「バレンタイン篇2015」および「羽生選手のキモチ篇」は現在放映中。

★★★

羽生結弦選手:女優3人からのチョコに「恥ずかしい」 バレンタインの思い出は…
mantan web 2015年02月13日
http://mantan-web.jp/2015/02/13/20150212dog00m200101000c.html
 男子フィギュアスケートの羽生結弦選手はこのほど、ロッテ「ガーナ」のバレンタイン直前企画で、女優の土屋太鳳さん、広瀬すずさん、モデルの松井愛莉さんからメッセージ入りのハート形チョコレートを贈られた。豪華女優陣からの特製チョコに羽生選手は「恥ずかしいですけど、本当にうれしいです」と照れつつも喜びを語り、バレンタインデーの思い出も披露した。
 同社は「バレンタインでキモチを伝えたい恋する女の子」を応援する企画を展開しており、今回の企画もその一環で、羽生選手がロッテ「ガーナ」のCMに出演し、土屋さんら3人は「ガーナ ミルクチョコレート」のCMキャラクターを務めていることから実現した。
 羽生選手に贈られたのは大きなハート形のチョコレートで、土屋さんらがそれぞれ“チョコペン”でメッセージを記入したチョコのプレートが取り付けられた特製品。羽生選手は「こんなにも思いのこもったチョコレートをありがとうございます。本当に丁寧に(メッセージが)書かれていて」と喜びを語った。
 また、羽生選手は「基本的に(スケートをする子は)女の子の方が多いんです。まあ義理チョコなんですけど(笑い)、本当にたくさんの女の子のクラブ員からもらったなっていう思い出があります」とバレンタインデーの思い出を告白。「逆にお返しが大変だったなっていう記憶があります(笑い)」と明かしている。

★★★

羽生結弦、バレンタイン思い出語る
asahi 2015.02.13
 羽生選手はバレンタインについて「仙台のスケートクラブの仲間がいて、基本的に(スケートをする子は)女の子の方が多いんです。男子が少ない中、まぁ義理チョコなんですけど、本当にたくさんの女の子のクラブ員からもらったなっていう思い出があります」と告白。「あと、逆にお返しが大変だったなっていう記憶もあります」と振り返った。
 チョコに描かれたメッセージは松井が「キミのえがお」、土屋が「モットみたくて」、広瀬が「チョコよとどけ!」とそれぞれが思いを込めて書き込んだ。トップバッターの松井は「オムライスを作る時とか、ケチャップで(メッセージを)書きますね!」と手慣れた様子。一方、土屋は「こういう作業は慣れないから難しい…夢中になって無言になりますね」と一生懸命で、広瀬は「いい感じな気がします!」と楽しげにプレートを飾った。

★★★

“ゆづ”羽生結弦選手やっぱりモテモテ!バレンタインチョコは「たくさんの女の子からもらった」
News lounge 2015年02月13日05時09分
http://newslounge.net/archives/161275
 “ゆづ”の愛称で親しまれている人気フィギュアスケーターの羽生結弦選手(20)が女優・土屋太鳳(20)、松井愛莉(18)、広瀬すず(16)の3人から“バレンタインチョコレート”をもらったことが、分かった。
 土屋、松井、広瀬は1月から全国で放送しているガーナ ミルクチョコレートのCM『バレンタイン篇2015』に出演。そんな3人が羽生選手を応援するためにチョコメッセージを作成することとなった。
 松井は「キミのえがお」と書かれたチョコを作成。「やはり(羽生選手で)印象に残っているのは、あの(演技での最後の)ポーズ。ステップとかもすごい優雅に気持ちよさそうに演技しているので、ステップや4回転ジャンプも見てみたいなと思います。(羽生選手とは)年も近かったり、おなじ東北出身ということで、羽生選手の頑張ってる姿をみて私も勇気をもらっているので、頑張ってください!」と、エールを。
 土屋は、「モットみたくて」としたため、「羽生選手って、どんな演技も隙間なく全て美しいんですけど、特にジャンプからの着地。見てても難しそうですが、むしろその瞬間が本当に素敵なので、これからもその素敵なジャンプからの着地を拝見したいなと思っています。世界の舞台って本当に難しいと思うんですけど、その分、世界中に羽生選手の演技をみてたくさんの勇気をもらっている人もいると思います。実は、私もその1人です。ギリギリまで踏ん張っている羽生選手の演技をみて本当にたくさんの勇気をもらったので、これからも心から応援しています!」と、思いを語る。
 そして広瀬は、「チョコよとどけ!」とメッセージ。「演技後の、すごいやりきった時の“カッ”という顔がすごく印象的だったので、そういった姿を見たいなと思います。生でフィギュアスケートを見たことはないんですが、見るのがすごい大好きで、テレビでやっている時は夜遅くまでずっと見てしまうくらい好きです。世界で戦っているなかで、いろんな想いがあると思いますが、その演技で私もすごく感動させられたり、勇気づけられることがたくさんありました。そんな想いが(このチョコで)届けばいいなと思います。 頑張ってください!」と、語った。
 当の羽生選手は、3人からのバレンタインを直前にしたチョコメッセージをもらい、「すごい!大きいですね。ありがたいですね。すごく思いが詰まってますし、恥ずかしいですけど、本当嬉しいなと思います。メッセージも届いていますし、実際にチョコで書くって難しいと思うんですけど、本当丁寧に書いていただけて、嬉しいなと思います」と、笑み。
 3人へお返しにと羽生選手は、「こんなにも想いのこもったチョコレートをありがとうございます。本当に丁寧に(メッセージが)書かれていて、自分にも、みなさんの想いが届きました。これからも一生懸命頑張っていきたいですし、僕の笑顔をみんなに見ていただけるよう、頑張っていきたいと思います。ありがとうございました!」と、メッセージを寄せた。
 また、そんな羽生選手の思い出に残っているバレンタインについては、「仙台のスケートクラブの仲間がいて、基本的に(スケートをする子は)女の子の方が多いんです。男子が少ない中、まぁ義理チョコなんですけど(笑)。本当にたくさんの女の子のクラブ員からもらったなっていう思い出があります。…あと、逆にお返しが大変だったなっていう記憶もあります(笑)」と、義理とはいえモテモテだったそうだ。

★★★

羽生結弦のバレンタイン「お返しが大変で…」
The TV  2015/02/13 04:15 配信
https://thetv.jp/news/detail/55279/
ロッテ・ガーナミルクチョコレートのCMに出演中の広瀬すず、松井愛莉、土屋太鳳が、同じCMに出演しているフィギュアスケート・羽生結弦選手を応援するためチョコレートメッセージを作成した。
チョコを受け取った羽生選手は「すごい!大きいですね。ありがたいですね」と大喜び。バレンタインの思い出には「基本的に(スケートをする子は)女の子の方が多いんです。まぁ義理チョコなんですけど(笑)、本当にたくさんの女の子のクラブ員からもらったなっていう思い出があります」と告白。その一方で「逆にお返しが大変だったなっていう記憶もあります」と苦笑した。
実際にチョコレートメッセージ作りに挑戦した広瀬は「演技後の、すごいやりきった時の“カッ”という顔がすごく印象的だったので、そういった姿を見たいなと思います。生でフィギュアスケートを見たことはないんですが、見るのがすごい大好きで、テレビでやっている時は夜遅くまでずっと見てしまうくらい好きです。世界で戦っている中で、いろんな思いがあると思いますが、その演技で私もすごく感動させられたり、勇気づけられたりすることがたくさんありました。そんな思いがこのチョコで届けばいいなと思います。 頑張ってください!」とエールを送る。
松井は「羽生選手で印象に残っているのは、あの演技での最後のポーズ。ステップとかもすごい優雅に気持ち良さそうに演技しているので、ステップや4回転ジャンプも見てみたいなと思います。年も近く、同じ東北出身ということで、羽生選手の頑張ってる姿を見て私も勇気をもらっているので、頑張ってください!」とメッセージ。
土屋は「羽生選手って、どんな演技も隙間なく全て美しいんですけど、特にジャンプからの着地。見ていても難しそうですが、むしろその瞬間が本当にすてきなので、これからもそのすてきなジャンプからの着地を拝見したいなと思っています。世界の舞台って本当に難しいと思うんですけど、その分、世界中に羽生選手の演技を見てたくさんの勇気をもらっている人もいると思います。実は、私もその一人です。これからの心から応援しています」とコメントした。

★★★

土屋太鳳&松井愛莉&広瀬すずがバレンタイン告白 羽生結弦選手「本当に嬉しい」
モデルプレス2月13日(金)4時0分
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0213/mod_150213_7191703421.html
【モデルプレス】土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すずら注目の若手女優が、フィギュアスケートの羽生結弦選手にチョコを贈った。
ハート型のチョコにはそれぞれ「キミのえがお」「モットみたくて」「チョコよとどけ!」とチョコペンで書かれた3人からのメッセージ。チョコを受け取った羽生選手は「すごい!大きいですね。ありがたいですね。すごく思いが詰まってますし、恥ずかしいですけど、本当嬉しいなと思います」と喜びのコメント。「メッセージも届いていますし、実際にチョコで書くって難しいと思うんですけど、本当丁寧に書いていただけて、嬉しいなと思います」と語った。
また、バレンタインの思い出を聞かれると「仙台のスケートクラブの仲間がいて、基本的に(スケートをする子は)女の子の方が多いんです。男子が少ない中、まぁ義理チョコなんですけど(笑)、本当にたくさんの女の子のクラブ員からもらったなっていう思い出があります。…あと、逆にお返しが大変だったなっていう記憶もあります(笑)」と振り返った。

◆手書きメッセージに込められた3人の思いとは
3人はハート型のチョコプレートに羽生選手へのキモチを込めたメッセージを記入。トップバッターとなった松井は「キミのえがお」と書き「やはり(羽生選手で)印象に残っているのは、あの(演技での最後の)ポーズ。ステップとかもすごい優雅に気持ちよさそうに演技しているので、ステップや4回転ジャンプも見てみたいなと思います。(羽生選手とは)年も近かったり、おなじ東北出身ということで、羽生選手の頑張ってる姿をみて私も勇気をもらっているので、頑張ってください!」と思いを込めた。
続いて少し緊張気味に書き始めた土屋は「モットみたくて」と書き込み、「羽生選手って、どんな演技も隙間なく全て美しいんですけど、特にジャンプからの着地。見てても難しそうですが、むしろその瞬間が本当に素敵なので、これからもその素敵なジャンプからの着地を拝見したいなと思っています」と告白。羽生選手に勇気をもらっていると言い「ギリギリまで踏ん張っている羽生選手の演技をみて本当にたくさんの勇気をもらったので、これからも心から応援しています!」と笑顔で語った。
ラストを飾った広瀬は楽しそうな様子でチョコペンを進め「演技後の、すごいやりきった時の“カッ”という顔がすごく印象的だったので、そういった姿を見たいなと思います」とコメントし、「世界で戦っているなかで、色んな想いがあると思いますが、その演技で私もすごく感動させられたり、勇気づけられることがたくさんありました。そんな想いが(このチョコで)届けばいいなと思います。 頑張ってください!」とエールを送った。

◆3人のメッセージを受け取った羽生選手の反応は?
3人からのメッセージを受け止め、羽生選手は「今回はこんなにも想いのこもったチョコレートをありがとうございます。本当に丁寧に(メッセージが)書かれていて、自分にも、みなさんの想いが届きました」と感謝。今後に向け、「これからも一生懸命頑張っていきたいですし、僕の笑顔をみんなに見ていただけるよう、頑張っていきたいと思います。ありがとうございました!」と伝えた。(modelpress編集部)