Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2015.03.28 - Number web - 羽生結弦SPトップで二連覇見えた! ただし、来季の出場枠は大ピンチに。 (田村明子)

14-15 赛季 2015 WC Number web 榎本麻美 不用太认真系列

★ 注:田村明子的文章主要是看Yuzu本人的发言 ★

http://i.imgur.com/ViFKIZF.jpg
「(SPでは)ひとつひとつ、楽しんできました」「フリーの方が滑り込んできたので自信があります」と二連覇へ向けての手応えを語っていた羽生。(Asami Enomoto 榎本麻美)

日本にとって厳しい男子の幕開けとなった。SPが終わった時点で、小塚崇彦が19位、無良崇人が23位。こんな結果になることを、いったい誰が予想しただろう。
 3人中、最初に滑走したのは小塚崇彦だった。タンゴのメロディに合わせて最初の4回転トウループは着氷したものの、3アクセルで手をつき、コンビネーションを予定していた3ルッツで転倒。70.15という厳しいスコアが出た。演技後、小塚はこうコメントした。
「ウォームアップで3アクセルをパンクさせてしまい、その嫌な感情を本番に引きずってしまった。もしフリーに残ることができたら、攻めの姿勢でベストを尽くしたい」

得意な3アクセルがパンクした無良崇人。
 一方最終グループの第一滑走だった無良崇人は、「カルメン」の出だしの4トウループの着氷でステップアウトし、何とあれほど得意な3アクセルを1回転半にさせてしまった。64.93という数字は、彼の自己ベスト86.28よりも20点以上も下回るスコアである。
「アクセルまで失敗したのはふがいない。上海に入ってからジャンプの調子が良くなってきていた。決めきれなかったのは悔しい。力不足です」と肩をおとした。

3カ月ぶり試合に出場した羽生。
 そんな中で、羽生結弦は最後から2番目の滑走だった。全日本選手権以来、3カ月ぶりの試合である。12月末に尿膜管遺残症で腹部の手術を受け、1カ月半リンクから遠ざかった。ようやく再開した練習で「気持ちにあせりが出てしまって」右足首を捻挫。再び2週間の療養を経て、ようやく本格的に練習をはじめたのは3月に入ってからだったという。
 このオリエンタル・スポーツセンターは11月に中国杯が開催された会場で、羽生にとっては因縁のリンクである。今回の6分間ウォームアップでは転倒もあったが、再び同じ位置でジャンプを跳びなおすと、自分を納得させるように、羽生は大きく頷いた。

シーズンズベストで羽生がトップ!!
 羽生の名前がアナウンスされると、日本から応援にかけつけた大勢のファンから大きな拍手と歓声がわいた。驚くほどの数の日の丸が、観客席に並ぶ。
 ショパンのバラード1番ト短調のメロディが流れると、羽生がゆったりと間をおいてから滑走をはじめる。だが最初の4回転トウループで、手をついた。
 そこからの持ち直しは早かった。切れ味の良いコンビネーションスピンを2種類見せた後、これでもかというほど複雑なステップを踏んで得意の3アクセルをびしりと決めた。最後の3ルッツ+3トウループも難なく降りて、体を大きくつかったステップシークエンスで盛り上げて演技を終えた。スタンディングオベーションの会場内から花とぬいぐるみが降り注ぎ、氷の上を埋め尽くしていった。
 95.20の、今シーズンのベストスコアでトップに立った。
 SP終了後、フリーの滑走順の抽選会では、恒例としてSPのトップ3人にスモールメダルが授与される。羽生は、その後の会見でこう語った。
「世界選手権でSPのスモール金メダルをとれたのは初めてだったのでちょっと嬉しい。でも今回ぼくの得点源である4回転トウループをきれいに降りられなかったので、そこについてはすごく悔しいです」

- 羽生部分节录
全文连接:

number.bunshun.jp