2015.11.26 - 记者会见、 SP 4回転 x 2

フィギュアスケート:4回転を2度、羽生組み込む あすNHK杯

フィギュアスケート男子でソチ五輪金メダルの羽生結弦(20)=ANA=が27日に長野市・ビッグハットで開幕するNHK杯のショートプログラム(SP)で4 回転ジャンプを2度組み込む構成に挑むことが25日、分かった。SPで2度の4回転ジャンプは羽生にとって自己最高難度。完璧な演技ができれば、自身が持 つ101・45点の世界最高得点の更新も可能だ。
羽生のSPは昨季に続き、ショパンのピアノ曲「バラード第1番」。羽生は今季、基礎点が1・1倍になる演技後半に4回転トーループを跳んでいたが、スケートカナダ後に構成の難度を上げることを決めた。構成は4回転サルコウ、4−3回転トーループの連 続ジャンプ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)となる予定。羽生はNHK杯で3位以内に入れば自力でのグランプリファイナル(12月10日開幕、スペ イン・バルセロナ)進出が決まる。男子SPは11月27日、フリーは28日に行われる。【福田智沙】

http://mainichi.jp/shimen/news/20151126ddm035050096000c.html

 

 

羽生、SP4回転2本に「まだ挑戦できる感覚があった」 真央は「課題をクリアしたい」

「フィギュアスケート・GPシリーズ最終戦・NHK杯」(27日開幕、長野ビッグハット)
公 式会見が26日、長野市内で行われ、3位以内で12月のGPファイナル(バルセロナ)進出が決まる男子の羽生結弦(20)=ANA=は「一生懸命練習して きたので、練習してきたことが出せるように演技したい」と意気込んだ。女子で4位以内でファイナル進出の浅田真央(25)=中京大=は「GP初戦で出た課 題をクリアして、ファイナルに進めるように頑張りたい」と、誓った。
羽生は公式練習のショートプログラム(SP)の練習で、SPでは自身初の4回転ジャンプを2本入れた構成を披露した。前回のスケートカナダから大幅に基礎点を上げた構成となったが「今季2戦して感覚的にまだ挑戦できる感覚があった。すごく難しい構成だけど、挑戦という形でやろうと思った」と、意図を説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151126-00000081-dal-spo

 

【フィギュア】羽生、SP新構成に「手応え」真央は3回転半が好調

フィ ギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯の開幕を翌日に控えた26日、会場の長野市ビッグハットで公式練習や記者会見が行われた。 GPファイナル(12月・バルセロナ)進出へ向け、女子の浅田真央(25)=中京大=はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を何度も決め「GP初戦で出 たジャンプのミスをなくしてファイナルへ進めるようにしたい」と意気込んだ。
男子の羽生結弦(20)=ANA=は、ショートプログラム(SP)でサルコー、トーループと2種類の4回転ジャンプを組み込んだ新たな構成を披露した「難しい構成に挑戦したい。かなり一生懸命練習してきて、手応えもある」と自信をにじませた。
27日のSP滑走順が発表され、女子は浅田が6番目で宮原知子(17)=大阪・関大高=は最終11番目となった。男子は無良崇人(24)=洋菓子のヒロタ=が9番目、羽生が最終12番目に滑る。フリーは28日に行われる。

http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20151126-OHT1T50149.html

 

羽生結弦「まだ挑戦できる」会見で新SPの理由語る

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯の前日会見が26日、長野市内のホテルで行われた。羽生結弦(20=ANA)は「一生懸命、練習してきたので、一生懸命、演技したいと思います」と抱負を述べた。
会 見前に、長野ビッグハットで行った練習では4回転を2本組み込んだ新しいショートプログラム(SP)を披露した。4回転サルコー、4回転トーループ+3回 転トーループのコンビネーション、基礎点が1・1倍となる演技後半のトリプルアクセル(3回転半)を組み込んで成功。2位に終わったGP第2戦のスケート カナダからわずか1カ月で、新しいプログラムを形にしてきた。
羽生は会見で理由を質問されて「カナダでSPとフリーを実際に試合でやってみて、まだ挑戦できるなと思った」と説明していた。

f:id:yuzupedia:20160703070806j:plain


日本チームの会見で抱負を口にする羽生(撮影・山崎安昭)

http://www.nikkansports.com/sports/news/1571672.html

 

フィギュアNHK杯あす開幕 羽生 浅田が抱負

27日開幕するフィギュアスケートのNHK杯を前に日本選手の会見が開かれ、羽生結弦選手は、新たな演技構成でショートプログラムに臨むことについて、「もっと挑戦したいという気持ちが強かった」と話しました。
27日の開幕を前に大会に出場する日本選手が長野市内のホテルで会見しました。
このうち、この日のショートプログラムの練習で、4回転ジャンプを2回跳ぶ高難度の演技構成を披露した羽生選手は、「カナダ大会のエキシビションの練習の際に4回転を2回入れてみて感覚がよかった。これまで取り入れていた後半に4回転を跳ぶ構成にも、いつかは4回転を2回 跳ぶという意味が込められていた。もっと挑戦したいという気持ちが強かった。手応えがすごくあるのでその成果を出しきりたい。結果は大事だが、それ以上に よかった点と悪かった点を見つけられる大会にしたい」と話していました。
また、2シーズンにぶりに復帰した浅田真央選手は、グランプリファイナルを除き15歳から出てきたグランプリシリーズが今回のNHK杯で20回目になります。
浅田選手は「15歳から出続けていて私にとってはスケート人生で大切な大会です。NHK杯でベストを尽くしたい。ジャンプをミスなくこなすことも重要だが、それよりもショートプログラム、フリーで表現したいことをすべて見てほしい」と話していました。
このほか、アメリカ大会で3位だった17歳の宮原知子選手は、「前の試合は納得できない内容だったのでジャンプの課題を見直して練習してきた。本番で出しきりたい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151126/k10010320821000.html

 

羽生、SPで4回転2本…前戦直後に挑戦を決断

羽生は今大会、SPで新たに4回転ジャンプ2本を組み込んだ難易度の高い構成に初めて挑む。
決断したのはスケートカナダの直後だった。ジャンプでミスがあってSP6位と出遅れたが、フリーでは4回転3本を着氷させ、「まだ挑戦できる感覚があった」と振り返った。
今季のSPは、基礎点が1・1倍になる後半に4回転ジャンプを組み込む構成にしていたが、それも「将来的に2本を組み込めるようにするための練習期間だった」と話した。
今季のGPシリーズでは、18歳の金博洋(中国)が中国杯で、20歳のマキシム・コフトゥン(ロシア)がフランス杯で、いずれもSPで二つの4回転ジャンプを成功させており、羽生自身も壁を破るつもりだ。
この日、曲をかけた練習では新しい構成にも大きなミスなく終え、「かなり一生懸命に練習してきて、手応えはあります」と自信を見せた。

http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/20151126-OYT1T50196.html

 

 

 

f:id:yuzupedia:20160703070917j:plain

f:id:yuzupedia:20160703070856j:plain