Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2015.11.01 - web sportiva - まさかのパンク。羽生結弦が分析した予想外のミスの原因 (折山淑美)

15-16 赛季 2015 SC web sportiva 折山淑美 能登直 news

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

http://i.imgur.com/WkvGcaR.jpg
スケートカナダのSPで6位発進とまさかのスタートになった羽生結弦
「ビックリしました。今まで、ショートプログラムでパンクしたのはルッツくらいで、トーループのパンクはあまりなかったから……。落ち着いていたんですけど、自分が悪かった点が絶対にあると思います。それが、曲がかかって演技に入る前だったのか、入った後だったのか、どちらともだったのか……。トリプルアクセルが最初にきれいに決まったように、体の状態は悪くないと思います。今は頭の整理ができていないので、そこはあとで、どこが悪くてどこが良かったかということも含めて、しっかりと見直したいです」
 スケートカナダのショートプログラム(SP)演技を終え、6位発進となった羽生結弦は、少しだけ早口にこう言った。
 10月30日の男子ショートプログラムは、誰もが驚くような展開になった。最初の組で滑ったパトリック・チャン(カナダ)は3回転ルッツが2回転になってしまったミスで80・81点の2位にとどまると、トップに立った村上大介も冒頭の4回転サルコウでミスをして80・88点。3位のアダム・リッポン(アメリカ)も4回転ルッツがダウングレードになる転倒で80・36点と、上位選手もなかなか得点が伸びなかった。

最終滑走者として登場した羽生は、前日の公式練習後「今年は順調にシーズンを迎えられています。これで事故さえなければ……。自虐ですけど」と言って笑い ながら、「前回の初戦(オータムクラシック)のような『後半は(4回転ジャンプを)やらなきゃ』という気負いは全然ないので、しっかり集中して、自分の気 持ちを自分のなかにしっかり閉じ込めてというか、自分の許容範囲に収めてやっていければと思います」と冷静に話していた。

http://i.imgur.com/3w51Owg.jpg
トップとの差は約7点。フリーでの逆転に注目が集まる

 その口調と同じように冷静な滑りで冒頭のトリプルアクセルをきれいに決めると、その後の2種類のスピンもスピードのある滑りでこなしてレベル4をもらう出来。ダントツの差でトップに立つかと思われた。

  だが、後半に入るとまさかのミスが続いた。まず、直前の6分間練習では完璧に決めていた4回転トーループがパンクして2回転に。さらに、前日の公式練習か ら一度も失敗していなかった3回転ルッツは、体が前につんのめるような着氷になってしまい、何とか2回転トーループを付けるだけの連続ジャンプにとどまっ た。

 このふたつのミスが致命的だった。2回転トーループは、「単発ジャンプは3回転以上」というルールに抵触して0点に。そしてルッツの あとに付けた2回転トーループは、「連続ジャンプでは単発ジャンプで使用した種類のジャンプは使えない」というルールに抵触してこちらも0点になってし まった。

 その結果、羽生は終盤のステップやコンビネーションスピンも含めて7種類中5種類の要素でGOE(出来ばえ点)の加点をもらう出来だったにもかかわらず、73・25点で6位というまさかの順位だった。

「演技の前、氷の上にハエがいたので『踏むとイヤだな』と思って拾って外に出しましたけど、それで集中力が切れたわけではないですし、やることはやったと思い ます。だから自分では、この点数がどうのこうのではなく、『そんなに悪かったかな?』という印象が強いです。4回転トーループは2回転になってしまったけ ど、全体的に体は動いていたし、キレていました。いい感じで氷に乗れていたと思います。それでも、失敗してしまったことには変わりないので、なんと言って いいかわからないです。(演技後の)今もまだ自分の体を動かせる状態ですし疲れてもいないから、たぶんもう一回演技をすればうまくいくと思います。そのく らいに調子がよかったから、何がダメだったのかを振り返る気持ちにまだなっていないという感じです」

 連続ジャンプのセカンドには、最初のルッツが2回転になっても3回転であっても、降りた後「2回転のトーループをつけようと思っていた」と言う。

「そこはちょっとダブル(2回転ジャンプ)の重複(はルール違反)ということがわかっていなかったんです。フリーではそういうルールをちゃんとわかっていたけど、ショートではそれが頭に入っていなかった。そこが自分のいちばん悪いところだったと思います」

 こう反省したとおり、今回のミスは羽生にとって予想外のものだった。仮に失敗した2種類のジャンプが決まっていれば、合計95点オーバーの得点になっていたはずだ。

「パトリック・チャン選手のプレッシャーは関係ないです。演技の前に彼の得点を知っていて、『80点か。大丈夫、大丈夫』と思って落ち着いていたので。でも、そこでノーミスでやろうと思いすぎたのかもしれないです。自分で思ったほど集中していなかったのかもしれません」

 ほんのわずかな心のブレが、演技を微妙に狂わせてしまったのか。羽生は演技後の動揺を抑えるかのようにこう言った。

「ポジティブに考えれば、今までとは違う、考えられないようなミスを重ねてしまって、得点はこんなに低いのに、トップとの差は7点ほどです。フリーは気持ちを切り替えられると思うので、明日(のフリー)は思い切ってやるだけかなと思っています」

sportiva.shueisha.co.jp