Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2017.03.29 - Worlds SP 抽签 + Day 3 OP 新闻报导

羽生、4回転高確率で成功させ好調アピール/フィギュア
sanspo 2017.3.29 21:29
http://www.sanspo.com/sports/news/20170329/fgr17032921290009-n1.html
 フィギュアスケートの世界選手権で30日の男子ショートプログラム(SP)に登場する日本勢が29日、ヘルシンキの練習会場で調整し、3季ぶりの頂点を目指すソチ冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)は4回転ジャンプを高い確率で成功させて好調をアピールした。
 羽生は40分間の練習の冒頭から4回転サルコー-3回転トーループの大技を軽々と決めるなど気合十分。ループ、トーループを合わせ3種類の4回転は前日よりも安定感が増した。昨年7位の宇野昌磨(中京大)はフリーで跳ぶ4回転ループに苦しみ、初出場の田中刑事(倉敷芸術科学大)は得点源の4回転サルコーなどを確認した。(共同)

★★★

男子SP滑走順が決定 羽生は31番、宇野は32番、田中は22番
sponichi 2017年3月29日 22:00
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/29/kiji/20170329s00079000503000c.html
 フィギュアスケートの世界選手権男子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が29日に行われ、羽生結弦(22=ANA)は最終第6組の1番目で全体の31番、宇野昌磨(19=中京大)が続く32番となった。田中刑事(22=倉敷芸術科学大)は第4組で22番に登場する。
 2年連続世界王者のハビエル・フェルナンデス(25=スペイン)は34番、パトリック・チャン(26=カナダ)は35番でともに最終組。ネーサン・チェン(17=米国)は第5組で28番となった。
 男子SPは30日、フリーは4月1日に行われる。

★★★

羽生は最終グループ1番滑走の31番、宇野は32番 難敵ネイサン・チェン28番
daily  2017.3.29
https://www.daily.co.jp/general/2017/03/29/0010047701.shtml
 「フィギュアスケート・世界選手権」(29日、ヘルシンキ)
 男子は30日のショートプログラム(SP)を前に、滑走順抽選が行われ、3季ぶりの世界王座を狙う羽生結弦(22)=ANA=は最終グループの1番滑走となる31番、宇野昌磨(19)=中京大=は羽生に続く32番。田中刑事(22)=倉敷芸術科学大=は22番となった。
 羽生は田中、宇野と並んで座り、リラックスした表情で抽選を迎えた。1番最初にくじを引き、最終グループの1番滑走となる31番を確認すると笑顔でうなずいた。
 ライバル勢では3連覇を狙う羽生の盟友ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が34番、元世界王者のパトリック・チャン(カナダ)は35番となった。
 四大陸選手権で羽生を下し、優勝した17歳のネイサン・チェン(米国)は前のグループの28番で演技する。
 今大会には18年平昌五輪の国別出場枠が懸かっており、3人が出場する日本は、上位2人の順位の合計が13以内なら3枠、14~28以内で2枠を獲得する。

★★★

羽生 3年ぶり王座奪回へ好調持続!SPは31番滑走
sponichi 2017年3月30日 05:30
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/30/kiji/20170329s00079000569000c.html
 30日の男子SPに向けて、羽生、宇野、田中の日本勢3選手が最終調整を行った。
 3年ぶりの王座奪回を狙う羽生は課題の4回転サルコー―3回転トーループの連続ジャンプを再三成功させるなど好調ぶりをアピール。「コンディションは凄くいい」と話しており、シーズン最後の大舞台でノーミスを目指す。
 なお、36人の滑走順が決まり、羽生が31番、宇野が32番、2連覇中のフェルナンデス(スペイン)が34番で最終第6組に入った。田中は22番で第4組、四大陸選手権王者のチェン(米国)は28番で第5組となった。

★★★

羽生結弦、SPは31番目滑走…4回転ジャンプ成功で抜群安定感
スポーツ報知 2017年3月30日7時0分  
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170330-OHT1T50058.html
 18年平昌五輪の出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権が29日、フィンランド・ヘルシンキで開幕。36人が出場する男子ショートプログラム(30日)の滑走順抽選が行われ、3年ぶりの優勝を狙う羽生結弦(22)=ANA=は最終グループの1番手で31番、宇野昌磨(19)=中京大=は32番に入った。田中刑事(22)=倉敷芸術科学大=は22番、2月の四大陸選手権を制したN・チェン(17)=米国=は28番、3連覇を狙うJ・フェルナンデス(25)=スペイン=は34番となった。上位2人の順位合計が「13以内」の国が平昌五輪の出場枠3を獲得する。大会は4月2日まで行われる。
 羽生は公式練習で4回転ジャンプを高い確率で成功させて好調をアピールした。40分間の練習の冒頭から4回転サルコー―3回転トウループの大技を軽々と決めるなど気合十分。ループ、トウループを合わせ3種類の4回転は前日より安定感が増した。昨年7位の宇野はフリーで跳ぶ4回転ループに苦戦していた。

★★★

羽生結弦は順調、冒頭から4回転→3回転の大技成功
nikkan 2017年3月30日9時47分 
http://www.nikkansports.com/sports/news/1799757.html
 今日30日のフィギュアスケート世界選手権、男子ショートプログラム(SP)に登場する日本勢が練習会場で調整した。
 3季ぶりの頂点を目指す羽生結弦(22=ANA)は冒頭から4回転サルコー-3回転トーループの大技を軽々と決めるなど、4回転ジャンプを高い確率で成功させて好調をアピール。昨年7位の宇野はフリーで跳ぶ4回転ループに苦しみ、初出場の田中は得点源の4回転サルコーなどを確認した。滑走順は羽生が31番、宇野が32番、2連覇中のフェルナンデス(スペイン)が34番で最終第6組。田中が22番で第4組、4大陸選手権王者のチェン(米国)が28番で第5組となった。