Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2017.04.19 - WTT Day 1 OP & 发布会 新闻报导

世界記録更新の期待…羽生が入念調整 20日開幕「世界国別対抗戦」
sponichi 2017年4月19日 11:19
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/19/kiji/20170419s00079000102000c.html
 20日開幕のフィギュアスケート世界国別対抗戦の公式練習が19日午前、東京・国立代々木競技場で行われ、羽生結弦(22=ANA)、宇野昌磨(19=中京大)、三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)、樋口新葉(16=日本橋女学館高)ら日本勢が汗を流した。
 羽生はフリー「ホープ&レガシー」を流して調整。冒頭の4回転ループの着氷をこらえたものの、演技後半の4回転サルコーのコンビネーションを失敗。その後、4回転トーループを含む3連続ジャンプを決めた。練習終盤にはトリプルアクセル(3回転半)で転倒したが、次のアタックでは完璧に決めた。
 世界選手権のフリーでは、自身の世界最高得点を更新する223・20点をマークして、SP5位から逆転優勝。「1つ1ついろんな自分を超えられたらいい。ノーミスの演技を続けたい」と意気込む今大会では、自身が保持する合計330・43点の世界記録を更新する可能性も十分だ。
 男女SPは20日、男子フリーは21日、女子フリーは22日に行われる。

★★★

羽生結弦が公式練習…4回転サルコー―3回転トウループの連続ジャンプ4本決める
スポーツ報知 2017年4月19日12時16分  
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170419-OHT1T50064.html
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は20日に代々木第一体育館で開幕する。世界王者の羽生結弦(22)=ANA=は19日、公式練習に参加。4回転サルコー―3回転トウループの連続ジャンプを4本決めるなど好調な滑りを見せた。
 フリーの「ホープ&レガシー」の曲かけでは、4回転サルコー―3回転トウループが2回転の単発になったが、その後、4回転トウループ―1回転ループ―3回転サルコーのリカバリーを見せた。

★★★

羽生結弦好調、国別対抗戦調整で課題の連続技決める
nikkansports 2017年4月19日14時29分
http://www.nikkansports.com/sports/news/1810155.html
 世界ランク上位6カ国で争うフィギュアスケート国別対抗戦の公式練習が19日、代々木第一体育館で行われ、世界選手権金メダルの羽生結弦(22=ANA)、同銀メダル宇野昌磨(19=中京大)らが調整を行った。
 フリー「ホープ&レガシー」の曲を通す練習では、冒頭の4回転ループでこらえる体勢で着氷。演技後半の連続ジャンプで失敗したが、その後、4回転トーループからの3連続ジャンプでリカバリーした。課題とする4回転サルコー-3回転トーループの連続技は、曲の中では決まらなかったが、練習中に3度も決めるなど好調の様子だった。
 SP5位と出遅れた世界選手権では、フリーで223・20点の世界歴代最高点をマークし、逆転優勝。3季ぶりの王者に返り咲いたが、今季はまだSP、フリー両方完璧な演技はそろえられていない。16日に仙台で行われたイベントでも「(国別で)ほんとに頑張らなくちゃいけない」と意欲をみせていた。今季最終戦となる今大会で、自身の持つ330・43点の世界最高合計点の更新も十分ありそうだ。
 男女SPは20日、男子フリーは21日、女子フリーは22日に行われる。

★★★

羽生 世界最高得点への思いは「特にない」も「とにかく全力で」
sponichi 2017年4月19日 18:58
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/19/kiji/20170419s00079000262000c.html
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(東京・国立代々木競技場)の開幕を20日に控え、男子の羽生結弦(22=ANA)ら日本勢が19日、都内で会見した。羽生の一問一答は以下の通り。
 ――今大会の豊富を
 「チーム戦として、仲間と一緒にこの国別対抗戦に出られることが楽しみで、そして嬉しい。ボク自身、全力をつくしてSP、フリーともに精一杯の演技することに集中して頑張っていきたい」
 ――昨年の今の時期はケガでスケートできない時期だった。1年経って練習できていることで感じていることは
 「選手にとってケガがないのが一番大事だなと、1年を通して、きょうの練習を通してあらためて感じている。練習をハードにやらないといけないし、体を追い込まないとレベル的にはなかなかアップできないかもしれないけど、ケガをしてしまったら元も子もない、と昨年の世界選手権以降、強く感じていた。今季、成長できた、また少し大人になった部分もあるのかな」
 ――あす(20日)はどんな「プリンス」を見せてくれるのか
 「いつもと変わらない気持ちで。結果としてノーミス、1位、100点がついてくれば嬉しいけど、これまでと同様に、特にこの試合だから特別な気持ちがあるってことはまったくない。とにかく全力でやること、1つ1つ丁寧にやることを意識して、曲1つ1つを大切にしてSPを演じたい。
 ――久々に日本での試合、今季最後の試合をどう締めくくって来季につなげたいか
 「たくさんの日本の方々を含め海外でも声援送ってくれるけど、日本で試合をやる特別感が自分の中にあって、温かい声援をいただけるのが嬉しい。応援がすごい力になるけど、それ以上に日本で演技することが意味がある。自分の故郷だからこそ、この舞台でいい演技をしたい思いがある。今季経験してきたことをここで全部出したい、クリアしたい気持ちがある」
 ――今大会初出場の選手にアドバイスするなら
 「ほとんどボク以外、初出場なんで、そういうことを考えると、チーム戦って考えなくていいんじゃないかな。チームで演技する競技じゃない。個人個人で実力出し切れるかが大事。フィギュアスケートらしく個人の全力を出していただけたら、結果として団結力につながるんじゃないかなと思う」
 ――来季を意識してやってみたいことはあるか
 「今季初めていい演技の後に試合が続いている。いい試合の後の試合で、どうやって自分をコントロールするか、いい演技していくかが課題。そこをクリアするために経験を生かしてが頑張っていけたらいい」
 ――世界最高得点の更新への思いは
 「特にないです。ここでどれだけいいものがつかめるかが大事。点数どうこうより自分の演技がどうなるかを考えたい」

★★★

羽生「演技に集中」 国別対抗戦20日開幕
毎日新聞 2017年4月19日 20時22分
http://mainichi.jp/articles/20170420/k00/00m/050/072000c
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は20日、東京・代々木競技場で開幕する。19日は公式練習と日本選手の記者会見が行われた。男子で今季の世界選手権を制した羽生結弦(ANA)は自らの世界最高得点の更新も期待されるが「特にないです。何も考えてない」と話し、「ただ精いっぱいの演技をすることに集中して頑張っていきたい」と抱負を語った。
  羽生は午前の公式練習で、フリーの曲をかけた際に4回転サルコウ-3回転トーループの連続ジャンプが単発の2回転になったが、全体的な動きは良かった。
 世界選手権2位の宇野昌磨(中京大)は今季最終戦へ「足を引っ張らないよう、最後まで悔いを残さない試合にしたい」と話した。
 来年の平昌五輪団体戦の前哨戦の様相を帯びる大会。日本のほかカナダ、ロシア、米国、中国、フランスの5カ国が出場し、各種目のショートプログラム(SP)、フリーの順位に応じたポイントの合計で争う。
 日本の女子は世界選手権5位の三原舞依(神戸ポートアイランドク)、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、ペアは須藤澄玲(神奈川FSC)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組、アイスダンスは村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が出場する。【福田智沙】

★★★

羽生“ラストプリンス”決める「今季経験してきたことを全て出したい」
スポーツ報知 2017年4月20日5時0分  
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170420-OHT1T50070.html
 フィギュアスケートの今季最終戦、世界国別対抗戦は20日に代々木第一体育館で開幕する。日本代表は19日、都内で会見。世界王者の羽生結弦(22)=ANA=は、ショートプログラム(SP)の「レッツ・ゴー・クレイジー」を今季初のノーミスで締める覚悟を示した。男女SPは20日に行われる。
 自然体で、羽生がラストプリンスの舞台へ上がる。SPの「レッツ・ゴー・クレイジー」は今季ノーミスがないまま最終戦を迎えた。「結果としてノーミス、結果として1位、結果として100点。そうなればいい。いつもノーミスにしたいと思って、できていないので、とにかく全力で、一つ一つ丁寧に、曲一つ一つを大切にショートプログラムを演じたい」。控えめな言葉に強い決意を込めた。
 世界選手権では、4回転サルコー―3回転トウループの連続ジャンプにミスが出た。今大会がラストチャンス。ノーミスなら昨季マークした110・95点の世界最高得点更新が見えてくる。世界選手権ではフリーで世界最高得点の223・20点を記録。SP、フリーを今季初めてノーミスでそろえれば、合計330・43点を上回る世界最高得点締めが可能だ。
 米人気歌手プリンス(故人)の代表作「レッツ―」はロック調で、羽生が新境地を開拓した思い入れの強い曲。シーズン序盤には「僕らしさというのも入れたいし、いろんな解釈をつけていきたい」と抱負を語っていた。3戦目のNHK杯で衣装を白から、プリンスが着ていたような鮮やかな紫に変更。あえて挑発的に観客を指さし、あおり、ライブのように熱狂させた。これまで感じたことのなかった「会場との一体感」を体験した。
 この日の練習では、4回転サルコー―3回転トウループの連続ジャンプを4本成功させるなど好調をアピール。18日の会場での練習ではSPをノーミスでまとめた。世界選手権3位の金博洋(中国)、5位のパトリック・チャン(カナダ)、6位のネーサン・チェン(米国)とのハイレベルな決戦が予想される。「五輪シーズン前の最終調整。今季経験してきたことを全て出したい。今季最高の演技だったと思えたらいい」。凱旋試合でエースが日本を3大会ぶり優勝へ導く。(高木 恵)
 ◆世界国別対抗戦 日本、カナダ、ロシア、米国、中国、フランスの計6か国が参戦。男女シングル各2人とペア、アイスダンス各1組のチーム戦で、順位に応じて与えられるポイントの合計を競う。五輪団体戦とは、男女シングルの人数(五輪は各1人)が異なる。

★★★

羽生“ゆずらない”ノーミス有終「演技は全力で一つ一つ丁寧に」
sponichi 2017年4月20日 05:30
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/20/kiji/20170419s00079000365000c.html
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(20日開幕、東京・国立代々木競技場)の公式練習と会見が19日、都内で行われた。世界選手権で3年ぶりの優勝を飾った男子の羽生結弦(22=ANA)は平昌(ピョンチャン)五輪プレシーズンの有終の美を飾るため、初日のショートプログラム(SP)で今季初の完璧な演技を誓った。
 劇的な逆転優勝から約2週間。世界王者は好調を維持していた。公式練習ではループを含む3種類の4回転ジャンプに成功。フリー「ホープ&レガシー」を流した際には演技後半の4回転サルコーのコンビネーションジャンプで失敗したが、その後、4回転トーループを含む3連続ジャンプを決めるなどリカバリー策の準備も万全だ。「いい演技をした試合の後に、いい演技をすることが課題」と気の緩みも一切なかった。
 世界選手権ではフリーで今季初めて4本の4回転ジャンプを完璧に決めて、世界歴代最高得点を更新する223・20点をマークした。その一方で、SPではジャンプにミスが出て5位と出遅れた。プリンスの「レッツ・ゴー・クレイジー」を舞う今季のSPではミスなく終えたことがまだ一度もない。
 完璧な「プリンス」になれないまま、シーズンを終えるわけにはいかない。「いつもノーミスしたいと言って、ノーミスできていない。とにかく全力で一つ一つ丁寧にやることを意識して演技したい」と今季初の完璧なSPに向け並々ならぬ意欲を見せた。
 今大会は団体戦だが、個人の得点は公認される。羽生は点数へのこだわりは口にしなかったが、昨季より高難度の構成となっているSPをミスなくまとめれば、15年GPファイナルで出した世界歴代最高110・95得点超えも十分可能だ。
 「今季最後の試合なので、経験してきたこと全てを出したい。成功しきれていないジャンプ、クリアしたい課題、心の問題、一つ一つしらみつぶしにして、最高の演技だったと思えるようにしたい」。男子は4位だったハビエル・フェルナンデス(スペイン)以外の世界選手権上位6人が滑る。2連覇を狙う平昌五輪へ。気持ちよくオフシーズンを迎えるためにも、表彰台の頂点で今季を締めくくる。
 ▽世界国別対抗戦 国際連盟が主催する団体戦として09年に始まり、今回は第5回大会。日本、カナダ、ロシア、米国、中国、フランスの6カ国が出場。各国男女2選手ずつ、ペアとアイスダンスは1組が演技。各種目のSP、フリーの1位を12点とし、順位に応じたポイントの合計で争う。得点は公認される。今大会を含め全て4月に東京で開催され、日本は12年に優勝している。