2015.11.26 - 公式练习

上午公式练习 (FS)

羽生、4回転成功は1度だけ…NHK杯公式練習で精彩欠く/フィギュア

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯の開幕を翌日に控えた26日、会場の長野市ビッグハットで公式練習が始まり、史上初の3連覇が懸かるGPファイナル(12月、バルセロナ)進出を狙う男子の羽生結弦(ANA)らが氷の感触を確かめた。

 羽生は3度の4回転ジャンプに挑むフリーの曲をかけた練習で、4回転の成功が冒頭の1度だけにとどまるなど、やや精彩を欠いた。無良崇人(洋菓子のヒロタ)田中刑事(倉敷芸術科学大)もジャンプを精力的に跳んだ。

 女子は今季から復帰した浅田真央(中京大)や、宮原知子(大阪・関大高)が調整。(共同)

http://www.sanspo.com/sports/news/20151126/fgr15112611370002-n1.html

f:id:yuzupedia:20160703101023j:plain

f:id:yuzupedia:20160703101106j:plain

f:id:yuzupedia:20160703101112j:plain

f:id:yuzupedia:20160703101138j:plain

 

羽生VS“中国の新星”金博洋に注目

フィ ギュアスケートGPシリーズ最終戦となるNHK杯(27日開幕・長野ビッグハット)の公式練習が26日、行われ、3位以内で12月のGPファイナル(バル セロナ)進出が決まる羽生結弦(20)=ANA=はサルコーとトーループの2種類の4回転ジャンプを入念に調整。順調な仕上がりぶりをアピールした。
羽 生との対決が注目されるのはシニアGPデビューとなった中国杯で2位に入った18歳の金博洋(中国)だ。同大会では史上初めて4回転ルッツ-3回転トー ループのコンビネーションジャンプに成功。この日の練習でも4回転ルッツを決めるなど、底知れぬポテンシャルを披露。“中国の新星”が五輪王者に牙を剥 く。

http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2015/11/26/0008597893.shtml

f:id:yuzupedia:20160703101616j:plain

 

NHK杯 浅田・羽生が練習


27日から長野市でフィギュアスケートのNHK杯が始まるのを前に、会場のビッグハットで浅田真央選手や羽生結弦選手など男女のトップ選手たちが公式練習に臨みました。
フィギュアスケートのNHK杯は27日から6年ぶりに長野市で行われます。
大会を直前に控え、26日は1年半の休養から復帰した女子シングルの浅田真央選手や、ソチオリンピック金メダリストで男子シングルの羽生結弦選手などトップ選手たちが会場のビッグハットで、公式練習に臨みました。
このうち、午前中の練習では浅田選手が、ショートプログラムで使うジャズの名曲「素敵なあなた」にあわせて得意のジャンプを繰り返すなど集中した表情で調整を重ねていました。
また、羽生選手は平安時代の陰陽師、安倍晴明を描いた映画の曲に合わせて練習を行い冒頭の4回転ジャンプの出来を確認したあと雅楽を取り入れた和風の曲調に合わせてステップやスピンを繰り返していました。
フィギュアスケートのNHK杯は27日から今月29日まで3日間の日程で行われ、初日の27日は男女ともシングルのショートプログラムなどが行われます。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/1013781341.html

 

下午公式练习 (SP)

f:id:yuzupedia:20160703102940j:plain

f:id:yuzupedia:20160703102952j:plain

羽生、壁に激突しヒヤリ 公式練習で

フィ ギュアスケートGPシリーズ最終戦となるNHK杯(27日開幕・長野ビッグハット)の公式練習が26日、行われ、3位以内で12月のGPファイナル(バル セロナ)進出が決まる羽生結弦(20)=ANA=は、午後にはショートプログラム(SP)の練習を行った。SPでは自身初の4回転ジャンプを2本入れた構 成を披露したが、壁に激突して転倒し、周囲をヒヤリとさせる場面もあった。
冒頭に4回転サルコーを跳び、その後は4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプ。基礎点が1・1倍される後半にはトリプルアクセルを跳ぶ高難度プログラム。曲をかけた練習では、すべてのジャンプを完璧に成功させ、最高のデモンストレーションとなった。
ただ、その後、低い態勢で滑っている時に勢い余って壁に激突し、激しく転倒する場面も。周囲をヒヤリとさせたが、本人は苦笑いを浮かべつつ、再び練習を再開していた。

http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2015/11/26/0008598368.shtml

 

フィギュアNHK杯へ 羽生や浅田が調整

フィギュアスケートのNHK杯が27日に開幕するのを前に、羽生結弦選手や浅田真央選手が調整を行いました。
練習は、長野市の本番のリンクで午前と午後の合わせて2回行われました。
羽生選手は、午前中は、フリーで使う映画「陰陽師」の曲をかけて練習し、冒頭の4回転ジャンプを決めるなど好調さをうかがわせていました。また、午後はショートプログラムの練習を行い、大技の4回転ジャンプを2回組み込む新しい演技構成を披露しました。
羽生選手の関係者によりますと、羽生選手は3年後のピョンチャンオリンピックを見据え、ショートプログラムで初めて4回転ジャンプを2回跳ぶ高難度のプログラムに挑戦する予定だということです。
このほか、男子シングルでは、無良崇人選手と田中刑事選手もジャンプを中心に練習を行いました。
また、女子シングルでは、2シーズンぶりに復帰した浅田選手が、ショートプログラムの練習ではトリプルアクセル=3回転半をきれいに着氷しましたが、その後のジャンプでは転倒する場面も見られ、コーチと動きを確認しながらジャンプの感覚を確かめていました。
去年の世界選手権、銀メダルの17歳の宮原知子選手は、本番の衣装を着て曲をかけて練習を行ったほか、グランプリシリーズに初挑戦する木原万莉子選手が入念に調整していました。
NHK杯は27日から29日まで、長野市のビッグハットで開かれます。
NHKでは、大会のもようを総合テレビなどで中継でお伝えします。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151126/k10010320381000.html