Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2016.08.22 - 吉尼斯世界纪录认定仪式

http://i.imgur.com/dd0lYXM.png

 

  

羽生結弦、痛めた左足「戻ってきました」 氷上練習も再開
デイリースポーツ 8月22日(月)12時32分配信
http://www.daily.co.jp/general/2016/08/22/0009415025.shtml

http://i.imgur.com/j4AJQpg.jpg

ソチ五輪フィギュアスケート男子金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=は22日、都内で取材に応じ、今年4月に痛めた左足の回復が順調であることを明かした。 
 羽生は今年4月の世界選手権後に痛めていた左足甲が「リスフラン関節じん帯損傷」で全治2カ月と発表。練習拠点のトロントで「1カ月半は完全に安静だっ たので、リハビリもせず、ゆっくりと治療に専念した」という。その後リハビリを開始。約2カ月は氷に上がっていなかったというが、現在は氷上練習を再開し ており「今はジャンプもできる。だいぶ元に戻ってきました」と笑顔で話した。 
 羽生はこの日、昨年12月のグランプリファイナル(バルセロナ)で世界歴代最高得点を記録した3つの記録(SP110・95点、フリー219・48点、合計330・43点)がギネス世界記録に認定されたとして、都内で行われた公式認定証授与式に出席した。

 

フィギュア羽生の得点がギネス認定!「自分の記録に挑戦する」
東スポWeb 8月22日(月)12時38分配信
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/584122/

http://i.imgur.com/X4H5xnj.jpghttp://i.imgur.com/WKFtTBb.jpgフィギュアスケートの羽生結弦(21=ANA)が22日、都内でギネス世界記録公式認定証授与式に出席した。羽生は昨年12月のグランプリファイナル(バルセロナ)でフィギュアスケートショートプログラム(SP)における最高得点(110・95点)、フリー最高得点(219・48点)、合計得点(330・43点)の3つでギネス世界記録に認定された。「とてもうれしい。自分自身も進化し、さらに自分の記録に挑戦し、更新したい」と笑顔を見せた。
 羽生は今年4月の世界選手権(米国)後、左足リスフラン関節靭帯損傷で2か月の安静、加療が必要という診断を受けていた。「今はジャンプができるようになり、元に戻ってきている。今季のSPはテンポがかっこいい曲で滑りたい」と抱負を述べた。

 

羽生結弦、3つのギネス記録に認定 SP、フリー、トータルの得点ここから本文です
デイリースポーツ 8月22日(月)12時42分配信
http://www.daily.co.jp/general/2016/08/22/0009415061.shtml

http://i.imgur.com/deGLrLV.jpghttp://i.imgur.com/bzDQ0Gx.jpg

ギネスワールドレコーズが22日、フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が持つ3つの記録が、ギネス世界記録に認定されたと発表した。対象になったのは 「男子フィギュアスケート ショートプログラム(SP)における最高得点」、 「男子フィギュアスケート フリースケーティング(フリー)における最高得 点」、 「男子フィギュアスケート トータルスコアにおける最高得点」の3つ。 
 羽生のそれぞれの記録は、SPが110・95点、フリーが219・48点、トータルスコアは330・43点。 
 今回認定された記録は、9月に発売予定の「ギネス世界記録2017」日本語版(角川アスキー総合研究所発行)に掲載される予定だ。
 羽生は「本当に嬉しく思う。ギネスというのは、常に更新し続けなければならない、更新するための情熱のもとのような認定だと思う。自分自身もこれからも どんどん、どんどん、進化していってさらに自分の記録に挑戦し続け、更新を目指していきたい」と喜びのコメントを残した。 

 

羽生、今季のSP曲は「かっこいい曲」
デイリースポーツ 8月22日(月)12時53分配信
http://www.daily.co.jp/general/2016/08/22/0009415087.shtml 

http://i.imgur.com/uVRJBRp.jpg

ソチ五輪フィギュアスケート男子金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=は22日、都内で取材に応じ、今季のSPが「テンポの速いかっこいい曲」と明かした。 
 羽生はこの日、昨年12月のグランプリファイナル(バルセロナ)で世界歴代最高得点を記録した3つの記録(SP110・95点、フリー219・48点、合計330・43点)がギネス世界記録に認定されたとして、都内で行われた公式認定証授与式に出席した。 
 そのプログラムを超えるべく挑む今季のプログラムは、曲名こそ明らかにしなかったが「ショートはテンポの速いかっこいい曲で滑ろうと思っているので、是非楽しみにしていただきたい」と堂々と話した。 
 一方、報道陣から「フリーは?」と問われると「まだ発表できません」と苦笑いで答えた。
 羽生は今年4月の世界選手権後、痛めていた左足甲のけがが全治2カ月と診断されていたが、順調に回復。既に練習を再開している。

 

羽生にギネス世界記録 世界歴代最高得点で - sankei
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160822/dly1608220020-n1.html

http://i.imgur.com/HcFSJCQ.jpg ギネス・ワールド・レコーズ社は22日、フィギュアスケート男子でソチ冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)が昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルのショートプログラム(SP)とフリー、合計得点で樹立した世界歴代最高得点をギネス世界記録に認定したと発表した。 

 羽生のギネス認定は2014年2月のソチ冬季五輪のSPで世界初の100点超えをマークして以来2度目。この日東京都内で公式認定証を受け取った羽生は「ギネスは記録を更新するための“情熱のもと”。さらに自分の記録に挑戦していきたい」と喜びを語った。 
 4月2日閉幕の世界選手権後に左足甲の靱帯損傷で2カ月間療養していた羽生は6月から氷上での練習を再開したといい「最初は1回転のジャンプをしない状態だったが、だいぶ元に戻ってきた」と現状を説明した。
 
羽生の得点がギネス世界記録に認定「さらに挑戦していきたい」

http://www.sanspo.com/sports/news/20160822/fgr16082213280001-n1.html

http://i.imgur.com/eXccz2P.jpg

 ギネス・ワールド・レコーズ社は22日、フィギュアスケート男子でソチ冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)が昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルのショートプログラム(SP)とフリー、合計得点で樹立した世界歴代最高得点をギネス世界記録に認定したと発表した。

 羽生のギネス認定は2014年2月のソチ冬季五輪のSPで世界初の100点超えをマークして以来2度目。この日東京都内で公式認定証を受け取った羽生は「ギネスは記録を更新するための“情熱のもと”。さらに自分の記録に挑戦していきたい」と喜びを語った。
 4月2日閉幕の世界選手権後に左足甲の靱帯損傷で2カ月間療養していた羽生は6月から氷上での練習を再開したといい「最初は1回転のジャンプをしない状態だったが、だいぶ元に戻ってきた」と現状を説明した。
 今季GPシリーズ初戦となるスケートカナダ(10月)までに試合に出場するかは、足の状態を見ながら決めていくという。1年半後に控える平昌冬季五輪へのプレシーズンへ「難度を高くしつつも完成度を上げて、(世界記録を更新した)ファイナル以上の演技を毎回できるようにしたい」と抱負を語った。
 
羽生結弦リオ刺激 平昌五輪で「いい色」メダル宣言

http://www.nikkansports.com/sports/news/1698771.html

http://i.imgur.com/aRxqXmt.jpg

リオから受けた刺激を平昌(ピョンチャン)へ-。リオデジャネイロ五輪閉幕翌日の21日、ソチ冬季五輪男子フィギュアスケート王者の羽生結弦(21=ANA)が、18年平昌五輪での「いい色の」メダルを宣言した。
 この日は、都内で行われた自身の記録のギネス世界記録公式認定書授与式に出席。昨年12月のグランプリシリーズ(GP)ファイナルでマークした、ショートプログラム(SP)の110・95点、フリープログラムの219・48点、合計の330・43点の3つの世界記録があらためて認定され、「ギネスというのは常に更新し続けなくてはいけない、更新するための情熱の元。自分自身もどんどん進化しつづけなきゃいけない」と決意を語った。「リオ五輪では合計41個のメダルがあり、僕もそれに続いてがんばらないといけないと思った。金メダルは12個。団体、ペア、個人…、1つ1つの競技が心に残り、僕自身もこの記録をさらに更新し続けて、いいメダルを、いい記録を持ってこないとと思いました」。リオでの日本選手団の活躍を受け、2大会連続メダルへの思いを募らせたようだった。
 世界選手権が終わった4月頭から左足リスフラン関節靱帯(じんたい)損傷で2カ月間氷上を離れ、6月から練習を再開した「最初は1回転もせずにただスケーティングの練習」だけだったのが「今はジャンプもできるようになってきた。もとに戻ってきた」と順調に回復していることを明かした。
 今季のSPは過去2シーズン使用したクラシック曲から一新。新たなジャンルに挑戦する。「すごくテンポの速い、かっこいいような曲で滑ろうと思っている。楽しみにしていただきたい」。フリーについては「まだ発表できません、ごめんなさい」と笑顔で質問をかわした。
 五輪プレシーズンとなる今季の目標は「ピークの持っていきかた」だ。「五輪は僕たちの最大の目標。2月に行われるので、そこに合わせた調整を今季からやっていきたい」。12月にあるGPファイナルでいい演技をし、3、4月にある世界選手権で銀メダルに終わることがここ2シーズン続いていた悔しさもある。「調整がうまくいかないことが多くなっているので、それが今季1番やるべきこと」と話した。
 「今回(昨季)GPファイナルの点が認定されましたけど、この演技以上のことを毎回毎回の試合でできるように精度をあげていきたい」。故障から復活したばかりにもかかわらず“王者羽生”はらしさ全開だった。

 
羽生結弦の3つの記録がギネス世界記録に--リオ五輪に続き、自分自身も進化へ

http://news.mynavi.jp/news/2016/08/22/221/

ギネスワールドレコーズジャパンは8月22日、ANA所属の羽生結弦選手がもつ記録がギネス世界記録に認定されたことを発表。同日、ANA本社で行われた公式認定書授与式で羽生選手は、日々更新されるギネス記録と同様、自分自身もさらに自分の記録に挑戦し、最大の目標であるオリンピックへの想いを語った。

http://i.imgur.com/QWuUjBq.jpg

ANA本社で8月22日、羽生結弦選手のギネス記録公式認定書授与式が行われた(左からANA代表取締役社長の篠辺修氏、羽生結弦選手、ギネスワールドレコーズジャパン代表取締役社長の小川エリカ氏

今回のギネス記録は、2015年12月10,12日にバルセロナで開催された「ISUグランプリファイナル 国際フィギュアスケート選手権大会2015」にて、羽生選手がたたき出したショートプログラム110.95点、フリープログラム219.48点、総合得点330.43点に対するものとなる(「Highest score in figure skating-Short Program(men)」「Highest score in figure skating-Free Skating(men)」「Highest score in figure skating-total score(men)」)。
ANAは2013年7月より羽生結弦選手と所属契約を結び、羽生選手が海外渡航する際の輸送協力など、その活動をサポートしている。今回認定された羽生選手の記録については、9月に発売予定の書籍『ギネス世界記録2017』日本語版に掲載予定となっている。

http://i.imgur.com/dPLI28W.jpg

羽生選手は「ISUグランプリファイナル 国際フィギュアスケート選手権大会2015」での3つの記録でギネス世界記録に認定された

「ギネス世界記録という、世界で公式に認定いただいたことを本当にうれしく思っています」という言葉で始まった羽生選手のコメントでは、ギネス世界記録は常に更新し続けなければいけない、本当に更新するための情熱の元での認定であることに触れ、「これから自分自身もどんどん進化していき、さらに自分の記録に挑戦して更新していきたい」と語った。
また、同日の日本時間で閉会式を迎えたリオデジャネイロオリンピックに対して、「合計41個のメダルがあり、僕たちもそれに続いてがんばっていかなければいけない」とコメント。2018年に開催予定の平昌オリンピックに対して、「僕たちにとってオリンピックは最大の目標」と語る羽生選手は、オリンピックに向けての調整の仕方を今シーズンから取り組む。

http://i.imgur.com/U0TCxNz.jpg

今シーズン一番やるべきこととして、目標とする試合に向けた調整の仕方をあげた

 「例年、グランプリファイナルでいい演技をし、その後、世界選手権に向けて調整がうまくいかないことが多くなっているので、その点に関しては今シーズン、一番やるべきことだなと思っています。4回転の完成度をあげること、またその完成度の精度をあげることを目指したいと思っています。今回のギネス記録ではグランプリファイナルでの点数が認定されましたが、その演技以上のことを毎回毎回の試合でできるよう、精度をあげていきたいと思っています」(羽生選手)。
前シーズンに負った足の怪我に関しては、1カ月半完全に休養して治療に専念し、1~2週間リハビリをするなど、約2カ月全く氷上にあがること治療・リハビリをこなし、その後、徐々に練習を再開したが今はジャンプもできるようになり元に戻ってきたとのこと。昨シーズンのプログラムを越えるため、今シーズンのショートはテンポの速いかっこいい曲を予定しているため、「ぜひ楽しみにしていただきたい」と語った。なお、フリーに関しては「まだ発表できません。ごめんなさい」と笑顔を見せた。 

http://i.imgur.com/xI5THrw.jpg

フリーに関して「まだ発表できません。ごめんなさい」

 
フィギュア羽生の最高得点 ギネス世界記録に認定

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160822/k10010647601000.html

http://i.imgur.com/goiDIxY.jpg

フィギュアスケートの羽生結弦選手が、去年、国際大会で更新した世界最高得点がギネス世界記録となり、公式認定証が贈られました。
羽生選手は去年12月、スペインのバルセロナで行われた「グランプリファイナル」の男子シングルで、ショートプログラム110.95、フリー219.48、合計330.43といずれも自身が持っていた記録を更新して世界最高得点を出しました。
この3つの得点がギネス世界記録となり、22日に都内で羽生選手に公式認定証が贈られました。
羽生選手は「世界記録の認定証を頂けてうれしい。記録は常に更新し続けなければいけないものだと思うのでこれからも進化していき、更新を続けたい」と話していました。
また、ことし4月の世界選手権の後に明らかになった左足の甲の関節のじん帯損傷についても触れ、「今はジャンプもできるようになり、徐々に調子は戻ってきている」と順調な回復をアピールしました。
そのうえでさ来年のピョンチャンオリンピックに向けて、「リオデジャネイロで日本の選手が41個のメダルを獲得したので、それに続いていかなければいけない。今回の記録を更新し、よい色のメダルを取りたい」と決意を示しました。
羽生選手は10月下旬に開かれるグランプリシリーズのカナダ大会を目指して、調整を進めていくことにしています。

 

羽生選手、ギネス記録認定 15年12月大会で最高得点
By Yusuke KOHASE    
http://www.aviationwire.jp/archives/97647

 さまざまな世界記録を集め、書籍を発行しているギネスワールドレコーズの日本法人、ギネスワールドレコーズジャパンは8月22日、全日本空輸(ANA/NH)に所属するフィギュアスケートの羽生結弦選手を3つのギネス記録に認定したと発表した。東京・汐留のANA本社で、羽生選手に認定書を授与した。

http://i.imgur.com/JRbdpYV.jpg

ギネス世界記録に認定された羽生選手(中央)と所属するANAの篠辺社長(中央左)、ギネスワールドレコーズジャパンの小川エリカ社長(同右)、ANAの客室乗務員=16年8月22日 PHOTO: Yoshikazu TSUNO/Aviation Wire

http://i.imgur.com/eeAoYUw.jpg

ギネス世界記録に認定された羽生選手(右)とANAの篠辺社長=16年8月22日 PHOTO: Yoshikazu TSUNO/Aviation Wire

 羽生選手は現地時間2015年12月10日から12日まで、スペイン・バルセロナで開催されたフィギュアスケートの国際大会「ISUグランプリファイナル2015/2016」で、男子シングルのショートプログラムで110.95点、フリープログラムで219.48点を獲得し、最高得点を記録。ショートとフリーの合計も330.43点となり、最高記録をマークした。

 羽生選手の記録は、9月に発行予定の書籍『ギネス世界記録2017』日本語版に掲載される予定。
 ANAは2013年7月、羽生選手と専属契約を締結。海外渡航時に航空券を提供するなど、活動をバックアップしている。
 ISUグランプリファイナルはISU(国際スケート連盟)によるフィギュアスケートの大会で、羽生選手は2013/2014シーズンから3大会連続で首位を獲得している。2015/2016大会で2位だったハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)はショートは91.52点、フリーは201.43点、合計292.95点だった。

http://i.imgur.com/oS8TSMI.jpg

ギネス世界記録に認定された羽生選手(中央)とANAの客室乗務員=16年8月22日 PHOTO: Yoshikazu TSUNO/Aviation Wire 

羽生の世界最高得点、ギネスに 昨季のGPファイナル
2016年8月22日15時25分

http://www.asahi.com/articles/ASJ8Q46LZJ8QUTQP00Y.html

http://i.imgur.com/QwrvZ8V.jpg

フィギュアスケート男子シングルの羽生結弦(ANA)が22日、東京都内であったギネス世界記録の公式認定証授与式に出席した。昨季のグランプリ(GP)ファイナルで出したショートプログラム(SP)、フリーと、その合計の三つが、フィギュア男子における最高得点として認定を受けた。

http://i.imgur.com/p4eFRou.jpg

痛めていた左足甲の回復は順調といい、6月に氷上練習を再開した。「今はジャンプもでき、だいぶ元に戻ってきた。常に進化しなければならない。記録を更新し続けたい」。今季のSPについては昨季まで2季連続で使ったショパンの「バラード第1番」を変更し、「テンポの速い、かっこいい曲にする」という。
 2年後には平昌(ピョンチャン)五輪が控える。「リオ五輪で(日本は)計41個のメダルを獲得し、金メダルも12個。一つひとつの競技が印象に残っている。僕もいい色のメダルを持って来なくてはいけないと思った」と刺激を受けていた。 

 
ANA Newsletter

https://www.ana.co.jp/group/pr/201608/20160822.html

http://i.imgur.com/28YZGDo.pnghttp://i.imgur.com/VPdLpBt.jpg?1

 

Guinness World Record

http://www.guinnessworldrecords.jp/news/2016/8/hanyuyuzuru-440500

http://i.imgur.com/4RInZGt.png