Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2017.04.23 - WTT Gala 新闻报导

羽生 エキシビジョンでしっとり アンコールは一転激しく 優勝日本は「PPAP」披露
sponichi 2017年4月23日 18:09
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/23/kiji/20170423s00079000300000c.html
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦のエキシビジョンが23日、東京・国立代々木競技場で行われ、3大会ぶりに優勝した日本のエース羽生結弦(22=ANA)は「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」をしっとりと舞い、華麗なトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も披露した。
 アンコールでは一転して、ショートプログラム(SP)の「レッツ・ゴー・クレイジー」を激しく踊り、大歓声を浴びた。リンクを引き上げる際には「3、2、1」とカウントダウンし、「ありがとうございました」と絶叫して今季最後のエキシビジョンを締めくくった。
 日本チームはそろいのヒョウ柄のスカーフを巻いて、世界的にヒットしたピコ太郎の「PPAP」を演じて、観客を楽しませた。世界女王のメドベージェワ(ロシア)は大好きなアニメ「美少女戦士セーラームーン」をコスプレで舞って大きな拍手をもらっていた。

★★★

羽生、前人未到4回転半「出来る気がしてきた」
スポーツ報知 2017年4月23日22時2分  
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170423-OHT1T50193.html
 フィギュアスケート世界選手権金メダルの羽生弓弦(22)が23日放送のテレビ朝日系新番組「サンデーステーション」(日曜・後8時54分)に生出演。誰も成功したことがない4回転半(アクセル)ジャンプについて「出来る気がしてきた」と語った。
 番組では羽生の3回転半をもとに、専門家の分析も取り入れて4回転半の仮想等身大連続写真を作成。シミュレートの結果「10%速い助走」で「17センチ高く飛び」「1・1メートル飛距離が伸びる」という結果が出た。
 「(17センチは)数字で見ると大きいなと思いますが、髪の毛くらいですね」と話し「バーチャルを見て、イメージができました。ありがたい」とMCの長野智子キャスター(54)に感謝した。
 羽生は23日に閉幕した世界国別対抗戦エキシビションの公式練習で4回転ルッツに挑戦し着氷に成功している。ルッツはアクセルを除く4回転で最も難易度が高い。

★★★

羽生結弦、アンコールでプリンスさんに感謝
asahi 2017年4月23日23時26分
http://www.asahi.com/articles/ASK4R4JSJK4RUTQP027.html
 羽生結弦(ANA)は23日のエキシビションのトリを飾った。白鳥をイメージした衣装に身を包み、イナバウアーや華麗なスピンで観客を魅了した。アンコールでは、昨年急逝したプリンス作曲のショートプログラム曲『レッツ・ゴー・クレージー』を踊った。観客に手を振ったり、投げキスをしたりすると、会場はライブさながらの盛り上がりぶりに。最後は天国のプリンスへ「ありがとう」と伝えた。

★★★

羽生も三原もPPAP 国別対抗エキシビション
asahi 2017年4月23日23時27分
http://www.asahi.com/articles/ASK4R4S33K4RUTQP02D.html
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は23日、エキシビションがあり、3大会ぶり2度目の優勝を飾った日本からは、男子フリー1位の羽生結弦(ANA)や同2位の宇野昌磨(中京大)、女子フリーで日本歴代最高得点をマークした三原舞依(神戸ポートアイランドク)らが出演した。
 日本は男女のシングル、ペア、アイスダンスの8人全員がヒョウ柄のマフラーをつけて登場。世界的に大ヒットした「PPAP ペンパイナッポーアッポーペン」を歌うピコ太郎さんに扮し、コミカルな動きで会場を盛り上げた。
 その後、男子シングルの宇野は青いシャツで登場。巧みなステップやスピンなどを披露した。羽生は白と黒の衣装に身を包み、しなやかな滑りと華麗なジャンプでリンクを舞った。
 前日の女子フリーで、映画「シンデレラ」の曲で会心の演技をみせた三原も登場した。演技前に取材に応じ「今季はグランプリシリーズで2戦やって、その経験が少しずつ自信になった」と言った。一番よかった大会として、この世界国別対抗戦を挙げ「幸せだらけのワンシーズンだった」と今季を振り返った。
 ショートプログラムとフリーの合計で初の200点超えを果たした樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は「やっと自分が滑りたかった滑りができたかなと。来シーズンに向けていいスタートが切れたと思うので、この感じを忘れないように練習したいと思います」と話した。
 そして、最後を締めたのは世界王者の羽生。静まり返った会場でマイクを使わず、全選手を代表して大声で感謝の言葉を述べた。「ありがとうございました! 来シーズンもよろしくお願い致します!」

★★★

フィギュア 羽生らチームジャパンPPAP披露
daily  2017.4.23
https://www.daily.co.jp/general/2017/04/23/0010122512.shtml
 「フィギュアスケート・国別対抗戦、エキシビション」(23日、代々木第一体育館)
 チームジャパンとしてエキシビションに登場し、昨年大ヒットしたピコ太郎の「PPAP」をロックバージョンで披露した。
 羽生結弦(ANA)ら日本代表全員が氷上に登場すると、“本家”さながらに黄色のヒョウ柄のスカーフを首元に巻き、ノリノリで会場を沸かせた。

★★★

羽生の絶叫でエキシビション閉幕「3・2・1…!!」
daily  2017.4.23
https://www.daily.co.jp/general/2017/04/23/0010123202.shtml
 「フィギュアスケート・国別対抗戦、エキシビション」(23日、代々木第一体育館)
 3大会ぶり2度目の優勝を果たした日本から羽生結弦(22)=ANA=がショーの最後に登場。しっとりとしたエキシビションナンバー「ノッテ・ステラータ」で会場を魅了すると、アンコールでは一転。ロック調のショートプログラム(SP)「レッツ・ゴー・クレイジー」で会場を沸かせた。
 プリンスさんの名曲に合わせてステップを刻む羽生は、試合での演技以上に観客をあおりまくり。会場はコンサート会場さながらの大熱狂となり、今季SPで羽生が大切にしていたテーマの1つだった「コネクト」を体現した。
 フィナーレの最後には、なりやまない拍手の中、羽生が何かを叫ぼうとした。それを察して会場が静まると、地声で「3・2・1・ありがとうございました~」。大声で叫び、感謝を伝えて今季を締めくくった。

★★★

羽生「シーズン終わりといえる演技」 フィギュア国別
asahi 2017年4月24日00時32分
http://www.asahi.com/articles/ASK4R7VDKK4RUEHF00F.html
 〈羽生結弦の話〉リンクに入るところから、色んな気持ちを込めて滑った。本当に楽しかった。これでシーズン終わりといえる演技で良かった。
 (今シーズンは)最初は苦しいこともたくさんあり、焦る時期もあったが、最後は笑えて、痛いところもなく終えることができた。自分自身のスケートを見直すきっかけとなった1年になった。今シーズン得たこと、感じたことは人生の中でかけがえのないもので、大事にしていきたい。
 (次のシーズンは)一つ一つの気持ちを込めて、僕らしいスケートをさらに完成形に近づけ、限界を超えられるように常に頑張っていく1年にしたい。

★★★

羽生、エキシビションで魅惑のコラボ 引退の村上へねぎらいも
sponichi 2017年4月24日 05:30
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/24/kiji/20170423s00079000398000c.html
 エキシビションで、3大会ぶりに優勝した日本のエース羽生結弦(22=ANA)は「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」をしっとりと舞い、アンコールでは一転してショートプログラム(SP)の「レッツ・ゴー・クレイジー」を激しく踊り、大歓声を浴びた。
 日本チームはそろいのヒョウ柄のスカーフを巻いて、世界的にヒットしたピコ太郎の「PPAP」を演じ、観客を楽しませた。さらに、引退を表明した村上をリンク上で全員が抱きしめ、これまでのスケート人生をねぎらった。

★★★

羽生の投げキスに観客メロメロ 地声で「ありがとうございましたー!」
スポーツ報知 2017年4月24日7時0分  
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170424-OHT1T50020.html
 フィギュアスケート世界選手権金メダリストの羽生結弦(22)=ANA=が23日、世界国別対抗戦のエキシビションに参加。「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」の曲に乗せた優雅な舞いを披露し、観客を魅了した。
 アンコールは今季ショートプログラム(SP)のプリンスの「レッツ・ゴー・クレイジー」を選択。滑りながら観客に向かって投げキスをすると、場内は悲鳴に包まれた。最後はマイクなしの地声で自ら「3、2、1…」とカウントダウン。「ありがとうございましたー!」と絶叫し、今季を終えた。