Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2014.02.15 - JOC - 【メダリスト会見】 羽生選手「日本人らしい人間になれるように」 安倍首相も祝福

【メダリスト会見】羽生選手「日本人らしい人間になれるように」 安倍首相も祝福
JOC 2014.02.15
http://www.joc.or.jp/games/olympic/sochi/news/detail.html?id=5098
 ソチオリンピックのフィギュアスケート男子シングルで今大会初の金メダルを獲得した羽生結弦選手が15日、ジャパンハウスで記者会見を行い、メダル獲得から一夜明けた心境を語りました。会見冒頭では安倍晋三首相が国際電話で羽生選手を祝福。また、会見後には金メダル獲得者に贈られる「団長賞」が橋本聖子団長から授与されました。

http://i.imgur.com/2iTqQdn.jpg
金メダルの羽生選手に橋本団長から「団長賞」の盾が贈られた(写真:アフロスポーツ)
■安倍首相から祝福の電話
安倍首相 おめでとうございます。昨日はたくさんの日本人が羽生選手の演技を見て胸が熱くなったと思います。
羽生選手 ありがとうございます。少々ミスもあったんですが、たくさんの方々に応援していただいたお陰で、こうやって最高の結果を出すことができました。
安倍首相 私もワクワク、ドキドキしながら見ていましたが、最後まで冷静で諦めずにすごいなと思いました。よく冷静でいられましたね。
羽生選手 点数が出た後は全然冷静ではなくて、「金メダルは逃したな」と自分では思っていました。
安倍首相 仙台や被災地の皆さんも喜んでいると思います。
羽生選手 そうですね。そういう力になれればと思って全力で演技をしたので、本当にうれしいと思います。
安倍首相 最後まで頑張れたのはたくさんの困難を乗り越えてきた力だと思います。たくさんの熱い期待を背負っているからだと思いますが、羽生選手は勝負強いですね。
羽生選手 家の方も震災の後に全壊判定をされて結構大変で、リンクも使えず大変な時期がありました。荒川(静香)さんがトリノオリンピックで金メダルを取って、その後に復活したリンクも使えなくなってしまったのですが、国や仙台市、宮城県からも支援をいただいたので、今ここに最高の結果を残すことができたと思います。
安倍首相 報道によると、喘息(ぜんそく)持ちだと聞いているんですが、もう大丈夫なんですか?
羽生選手 昨日試合の後にちょっと発作みたいなものはあったんですが、それよりもやっぱりうれしさの方が強いですね。
安倍首相 羽生選手の素晴らしい演技、そして氷に向かって一礼するというあの佇まいはさすが日本男児だなと思います。これからも頑張って下さい。
羽生選手 はい、どうもありがとうございました。

http://i.imgur.com/QV8wlzo.jpg
会見はリラックスムード。橋本団長とのやり取りではこんな表情も

■同郷の荒川さんと同じ金メダルが取れた喜び

――メダル獲得から一夜明けた今の心境は?
羽生選手 まず、日本のフィギュアスケート男子シングルで初めて、こうやって金メダルを取ることができて本当にうれしいと思います。また同時に、日本人として、日本国民として最高の舞台でたくさんの応援を頂いて、その中で最終的には金メダルという素晴らしい評価を頂いたいたことを誇りに思います。これからも日本国民として恥じない、オリンピック金メダリストらしい、日本人らしい人間になれるように努力していきたいと思いました。

――首相からお祝いをもらってどうでしたか?
羽生選手 とても緊張しました。首相もたくさん応援して下さったと思っていますし、喘息のことも心配して頂いたので本当にうれしかったです。これで競技が終わったわけではないですが、これから一生懸命頑張らないといけないと思いました。

――橋本団長、羽生選手の活躍とチームジャパン全体についてどう思われますか?
橋本団長 日本選手団として待ちに待った金メダルを獲得させていただいて、本当にありがたく思っています。昨日のメダル獲得に対して、羽生選手自身も本当のオリンピックの怖さを実感したのではないか思います。これを機に後半もチームジャパンの全力を尽くして、チーム一丸となって頑張っていきたいと思います。羽生選手に本当に感謝をしています。

――昨日の夜の時点では悔しさ半分、うれしさ半分だったと思いますが、一夜明けて今どれくらいの悔しさとうれしさになりましたか?
羽生選手 今回の金メダルは本当にうれしいです。日本男子シングル初めての金メダルが僕で、日本女子で初めての金メダルが同じ宮城県出身の荒川さん。自分では(荒川さんに続いて金メダルを取ることを)夢を見ていて、それをずっと追いかけてきたので、本当にそれが実現したんだなと。あまり実感は湧いていないのですが、その夢がかなってうれしいです。
 ただ、昨夜のフリーの演技ではオリンピックの本当の怖さ、オリンピックの魔物というものを少し感じた気がしたので、まだまだ僕自身現役を続けたいと思っているので、これからも大好きなスケートともに一生懸命頑張りたいなと思いました。

――昨日から今朝にかけて、周りからどんな反応がありましたか?
羽生選手 時間がなくて、そんなチェックしている場合ではなかったです。日本が今どんな状況になっているか分かりませんが、やはり日本人として金メダルを持ち帰ることができたのはすごくよかったです。

――今回オリンピックの舞台でそこまでの演技ができたのは、日本国内で過酷な戦いをしてきたからでしょうか?
羽生選手 僕はそう思います。やはり全日本選手権という舞台を勝ち抜いてきたからこそ、こうやっていい演技ができたと思います。また、今シーズンを通して日本男子のみならず、グランプリシリーズ全試合でパトリック(・チャン=カナダ)選手と戦ってきました。彼と試合をこなすたびに、自分がどうやったら超えられるか、どうやったら自分の能力を最大限に発揮できるかを1つ1つ考えてきたので、それが今回のオリンピックという舞台にも通用したのかなと思います。ただ、フリーはまだ難しかったです。

――練習中は当日もリラックスしている感じに見えましたが、いつ怖さに変わりましたか?
羽生選手 きっかけはなかったと思います。でも、結果的にあの演技をしてしまったというのはすごく後悔しています。こうして金メダルを勝ち取ることはできましたが、自分の能力、自分の実力を大きな舞台で発揮できなかった……やっぱり緊張しました。改めて難しい舞台だと痛感させられました。

――オリンピックは独特の緊張感があるので、レベルを下げて安全運転をするという選択肢もあったと思いますが、それでも4回転サルコウに挑戦したというところに思いはありますか?
羽生選手 特別な思いはないです。今シーズン通してずっとやってきたのでそれを変えたくないという思いがありましたし、例えば対人競技、スピードスケートだったりショートトラックだったりは、相手によって何か変えていかないといけないことがあるかもしれませんし、オリンピックだから特別に何をやるかというのはあるかもしれないです。フィギュアは絶対に自分自身との戦いなので、自分がどれくらい精いっぱいのことができるか、全力を出し切れるかというのがフィギュアスケートで一番大事なところだと思っています。特にオリンピックだから何かを変えるかとか、何かをするかということではなく、オリンピックを1つの試合として全力を出し切りたいと思ったのでやりました。

――今シーズン、グランプリファイナルのタイトルを取って、ここではオリンピックの金メダルを取りました。多くの先輩が欲しくて頑張っても取れなかったタイトルを取れた勝因は何だと思いますか?
羽生選手 日本男子シングルは今ものすごくレベルが上がっていて、その中でどのようにしてオリンピックの切符を勝ち取るか、どれだけ自分を高めないといけないかという状況になった時に、人はすごく練習すると思いますし、努力すると思います。そういう追い込まれた状況だったからこそ、こうして成長できたかなと思います。
 また、グランプリシリーズでパトリック選手と戦ってきたので、その中でただ負けるだけではなくて、負けたときに何を考えるかということをすごく大事にして今シーズンやってきました。それが今回につながったのかなと思います。

――エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)選手が棄権をしましたが、彼に対する思いはありますか?
羽生選手 プルシェンコ選手は僕にとってあこがれの存在でしたし、今でもすごくあこがれています。僕にとってオリンピックというのは、どちらかというとオリンピックというものに価値があるわけではなくて、プルシェンコ選手と(アレクセイ・)ヤグディン(ロシア)選手が戦っている素晴らしい舞台、というイメージでした。まだ8歳ぐらいの小さいころでしたが、プルシェンコ選手にあこがれてオリンピックを目指すようになりました。プルシェンコ選手が棄権をして残念な気持ちもありましたが、オリンピックの団体戦という舞台で一緒に滑らせてもらったので、それが夢のような感覚でしたし、光栄だなと思います。彼のスケートがもしかしたらもう見られないかもしれない、というのは残念なんですが、今までたくさんの感動を頂いてきたので、とにかく感謝の気持ちを伝えたいと思っています。

http://i.imgur.com/OYYUMW6.jpg
「仙台があったからこそ今ここにいる」と故郷への思いを語った(写真:アフロスポーツ)

■被災地、そして仙台への思い

――金メダル獲得を受けて、被災地から励みになったという声が多く聞かれますが、そうした声を受けてどう思われますか?
羽生選手 被災地の方々、日本国民の方々もそうだと思いますが、こうして僕が金メダルを取ることによって日本も活気づいたらいいなと思いますし、仙台出身の人間のひとりとして金メダルを取ったからこそ、何かそれをきっかけに復興に対するものを踏み出していただけたらそれが一番うれしいです。もうボランティアの方々による募金とかそういうものもだいぶ途絶えてきてしまったので。

――今まで羽生選手を育ててきた場所は仙台とトロントの両方がありますが、仙台への思いが強いように感じます。仙台に思いがある理由は何ですか?
羽生選手 生まれた土地だからだと思っています。そこで生まれ育ってスケートと出会って、姉がスケートを始めてそれについて行って……という自然な流れみたいな感じです。それがなかったら僕はここにいないですし、もしかしたら今ごろ野球をやって有名な選手になっているかもしれないし(笑)。やっぱり仙台、自分が生まれた土地があったからこそ僕はここにいると思うので、仙台の思いが強いのかなと思います。

――日本人らしい人間になりたいと言っていましたが、自身の考える日本人像とは?
羽生選手 日本的な文化を忘れないようにしたいと思います。尊重だったり、日本語って難しいですよね。敬語だったり丁寧語だったり謙譲語だったり、そういう言葉にも表れているように、尊敬する心とか、目上の方に対して自分を下げて言ったりだとか、そういう何か日本的な文化というか。とにかく僕が見ていて、日本国民として恥ずかしくない、自分がテレビに映るから、それを見たときに日本人として胸を張っていられるのか、それが一番大事なんじゃないかなと思います。

――今度は羽生選手が子供たちからあこがれられる存在になっていくと思いますが、どんなアスリートになりたいですか?
羽生選手 あまりあこがれてもらうようなところはないかなと僕の中では思っています(笑)。自分はまだスケーティング技術などが未熟だなとトロントで痛感させられましたし、ショートプログラムではうまくいきましたが、フリーでは精神的な弱さを実感したので、もっともっとどんな場所でもノーミスでできるような強い選手になりたいと思います。プルシェンコ選手がそうだったからというのがあるんですが、彼のようにどんな時でも強い選手になりたいというのはあります。

――4年後に連覇を目指すために、やっていかなきゃいけないことはありますか?
羽生選手 特にないです。やらなきゃいけないと思ってやろうとは思っていないですね。自分はスケートが大好きですし、ジャンプが大好きなので、その中で好きだからやってみよう、はあるかもしれないですが、平昌に向けて、だから何かをするというわけではないです。ただ、自分のスケートをもっと高みに持っていきたいというのはあります。

――女子シングルが始まりますが、メダリストとして、特に浅田真央選手にアドバイスはありますか?
羽生選手 僕からアドバイスできることって何もないなと思っています。浅田さんもそうですが、オリンピックの怖さを知っていると思うので、その中でどれだけ楽しめるか、そういうことがすごく大事だなと感じました。僕はフリーを滑る前から「楽しんでいこう」と口でも言ってましたし、でも実際は楽しめなかったんですが、今思い返してみると、19歳のオリンピックはソチでしか行われなかったので、その中で全力で演技をして楽しんだんじゃないかなと思います。なので、とにかく全力で楽しんで頂けたらと思います。

www.youtube.com