Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2015.11.03 - Number web - カナダGPは波乱のち、名演技続出。 チャンが優勝、羽生も6位から挽回。 (田村明子)

15-16 赛季 2015 SC Number web 不用太认真系列

★ 注:田村明子的文章主要是看Yuzu本人的发言 ★

http://i.imgur.com/5pylsVM.jpg
フリーで驚異的挽回を見せた羽生。歴代のSP最高得点記録は羽生、フリーの記録はチャンが持つ……名勝負はこれからも続く。 (Aflo)

カナダのアルバータ州レスブリッジで開催されたグランプリシリーズ第2戦、スケートカナダ。羽生結弦とパトリック・チャンがソチオリンピック以来初めて顔を合わせたこの大会は、シーズン初めに相応しいドラマチックな展開となった。

パニックになったプレスルーム。
「羽生の囲みは、ミックスゾーンではなく会見の後でやります」
 男子SPの日、我々日本メディア関係者は予めそう聞かされていた。通常は演技終了後、選手は控室に戻る前に、ミックスゾーンと呼ばれる場所で立ち止まって報道陣の取材に応える。だが最終滑走の羽生は、その後のトップ3人の記者会見までの時間が短いため、ミックスゾーンはやらないというお達しだった。
 羽生がトップ3を逃して記者会見に来ない可能性のことなど、この時点ではおそらく本人も含めて誰も想定していなかっただろう。

転倒続出の“荒れた”男子SP。
 その日の男子のSPは、荒れた試合という形容がぴったりだった。2年ぶりにGPシリーズに戻ってきたパトリック・チャンは、前半グループに登場した。冒頭の4+3トウループコンビネーションはきれいにきまるも、次の3アクセルで転倒。最後のルッツは2回転になり、必須要素を満たしていないためノーカウントになった。80.81というスコアは、王者の復帰としては不本意だったに違いない。
「このプログラムは内容がとても難しく、ジャンプを跳びながら滑りきるのが大変なんです。(コーチの)キャシーは、ここまで難しくする必要があるのか、と怒ったくらいでした」とミックスゾーンに現れたチャンは語った。しかしそれほど失望している様子はなく、「今日は楽しんで滑ろうと決めていました」と笑顔を見せた。

羽生はまさかの70点台。
 昨年に続いてショパンの『バラード』で滑りはじめた羽生は、出だしの3アクセルがきれいにきまった。スピンも快調にこなしていったが、後半で挑んだ4トウループが、するりと抜けて2回転に。公式練習でも見せたことのない失敗だった。
 最後のジャンプエレメントでは、3ルッツを着氷したが、続くトウループが2回転になった。全体的に見て、4回転以外はそれほど悪い印象の演技ではなかったが、73.25という予想外に低いスコアが出た。その理由は4回転の予定だった2回転トウループと、ルッツの後につけた2回転トウループが重複してルール違反となったこと、このどちらもノーカウントになってしまったからだった。
 彼がソチオリンピックで出したISU歴代最高スコアは101.45。それを30ポイント近く下回るというショッキングなスコアで、12人中6位になった羽生。当然、SP後の会見には来ない。報道陣はトップ3の会見もそっちのけで、慌ててミックスゾーンに集合した。

「体の状態は悪くなかった」
 汗を流しながら現れた羽生は、まだ腑に落ちない表情をしていた。
「まだ頭の整理ができていない。アクセルはきまっているので体の状態は悪くない。ただダブル重複(のルール)がちゃんと頭に入っていなかったのは、自分の一番悪かったところです」
 パトリックの存在を意識したかと聞かれると、こう答えた。
「やる前にパトリックの点数はわかっていました。靴履くときにすごい歓声が聞こえてきて、100点くらい出たのかなと思ったら80点だったので、大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせました」
 もう一度SPを滑れるくらい体は疲れておらず、朝からよく動いていたという。失敗の原因を考えるので精いっぱいで、スコアが予想外に低かったことまで頭が回っていない、と苦笑いをした。
「でもトップとの点差は7点しかない。フリーは全力で頑張ります」と言葉を結んだ。
 結局SPは、冒頭の4サルコウで手をついたが残りはノーミスだった村上大介が80.88でトップにたち、2位がチャン、そしてアダム・リッポンが80.36で3位。世界トップクラスの男子の戦いとしては驚くほど低いスコアが並び、波乱万丈の幕開けとなった。

一夜明け、フリーは名演技続出の激戦に。
 だが翌日のフリーは、うって変って名演技が続出した。
 羽生は後半グループの1番滑走だった。リンクの中央に出て、きりっとした表情でぴたりとフリー陰陽師『SEIMEI』の最初のポーズをきめた。その日の朝の練習で何度も失敗していた4回転サルコウを、ぐっと踏みこたえて降りると、そこから力を得たように、トウループ、3回転フリップと次々と成功させていった。ステップシークエンスの後は、2度目の4回転コンビネーションで手をつくも耐えて、得意の3アクセルを2度降りた。ジャンプを成功させるたび、会場の歓声はどんどん大きくなっていった。
 なんという強さだろうか。最後の3回転ルッツで転倒するも、圧巻としか言いようのない演技だった。
 フリー186.29、総合259.54のスコアが出て、あとは残りの選手の演技待ちとなった。
 だが全員がノーミスで滑ったとしても、羽生が出した以上の点を出せるのは、残っている選手の中ではおそらくパトリック・チャンだけであろうことは、みんなわかっていたはずだ。まだ息を切らせながらミックスゾーンに現れた羽生は、こう語った。
「(前日のSPを反省してみて)そんな調子悪くないなと思った。ルールのためにああいう点数にはなったけれど、自分の感覚が一番大事だと思ったので、いつも通りの気持ちで滑ろうと思いました。後半の4回転で手をついたけど耐えることができたので、自分の中では頑張ったほうだと思う。(終了して)これでやっと集中力を切らせることができます」とリラックスした笑顔を見せた。

- 羽生部分节录
全文连接:

number.bunshun.jp