Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2015.12.09 - sportsnavi - 羽生結弦が示した底知れぬポテンシャル 写真で切り取るフィギュアの記憶 (大橋護良)

選手の数だけそれぞれの物語がある。笑顔、涙、怒り……こうした表情とともにこれまで多くの名場面が生まれてきた。後世まで脳裏に刻んでおきたいフィギュアスケートの記憶を写真で切り取る。

「羽生結弦 GPファイナル男子SP(2013年)」

http://i.imgur.com/lZsuuIh.jpg
【坂本清】

時間が経過するにつれて鼓動が高鳴る。ひょっとしてこれはかなりの点数が出るのではないか。羽生結弦(ANA)の演技を見ていて、そう思った。
「素晴らしい選手がそろっているなかで、どれだけ自分に集中できるかが課題ですし、それが自分にとっての挑戦でもあります。勇気を持ってしっかりと足を踏み出し、集中しきれるようにしたいと思っています」
 大会の前日会見でそう語る彼は、何かを悟ったかのように泰然自若としていた。パトリック・チャン(カナダ)ら他の選手を意識するあまり、自らのバランスを崩していたのは、ほんの数カ月前のことだ。
 コーチであるブライアン・オーサーから、彼はこんな助言を受けていた。
「ユヅルは心のエネルギーを使いすぎている。何週間も前からパトリックとの対戦に気合いが入っている。もっとリラックスして、試合直前に集中することが大事なんだ」
 4回転を含むジャンプはすべて成功。神経が研ぎ澄まされた彼の演技は、息をのむような圧倒的な迫力と美しさがあった。雑念は何も感じられない。この18歳の底知れぬポテンシャルに、ただただ驚くほかなかった。アナウンスされたスコアは99.84点。当時の世界歴代最高得点だった。

sports.yahoo.co.jp