Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2010.12.23 - 全日公开练习+滑走顺抽选 新闻报导

▶ 2010 全日公开练习+滑走顺抽选 图集

羽生3強に挑む 世界フィギュアへ一発逆転狙う
2010年12月23日木曜日 河北新報
 フィギュアスケート男子期待の羽生結弦(宮城・東北高)が、24日から長野市で始まる全日本選手権で一発逆転の世界選手権(来年3月・東京)代表入りを狙う。16歳の新鋭は高橋大輔(関大大学院)織田信成(関大)小塚崇彦(トヨタ自動車)の3強に割って入れるか。
 シニアに本格デビューした今季のテーマは「チャレンジ」。代表入りに望みをつなぐためには、全日本で表彰台に立つしかない。「いろいろと課題はあるが、全部クリアしてみせる」。柔らかい物腰とは対照的に、内に秘めた闘志は激しい。
 目標のスケーターが女子の金妍児(韓国)や男子の個性派、ジョニー・ウィア(米国)と言うように、しなやかな動きが特長。男子では珍しいビールマンスピンやドーナツスピン、イナバウアーもでき、3強にはない持ち味が光る。
 3月の世界ジュニア選手権を制し、歴代優勝者の高橋、織田、小塚に一歩近づいた。グランプリ(GP)デビュー戦だった10月のNHK杯はフリーで4回転ジャンプに成功して4位と健闘。「4回転を跳べる、シニアでも戦えるという自信をつかんだ」
 しかし、腰痛が影響した11月のロシア杯は7位に終わり、同い年の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)が3位と活躍したGPファイナルに進出できなかった。失敗をバネに飛躍できるか。阿部奈々美コーチは「今季の経験が蓄積されてきている。このまま走り続けてほしい。前向きに、前向きに」と期待する。

★★★

羽生、「3強」追う=全日本フィギュア
時事  2010/12/23-18:36
 男子「3強」の高橋、織田、小塚を追う一番手として期待されるのが16歳の羽生だ。練習では跳ぶたびに4回転ジャンプの感触も良くなり、「だいぶ調子が上がってきた」と手応えを感じ取っている様子だ。
 11月のGPシリーズ、ロシア杯の後は「一番レベル差を感じた」というスピンやステップに重点を置いて練習してきた。世界選手権代表の座をつかむには好成績が必要だが、「それを意識せず、自分の演技をして結果がついてくれば」と集中力を高めていた。

★★★

高橋&織田らが前日調整/フィギュア
sanspo 2010.12.23 18:43
 フィギュアスケートの全日本選手権は24日、来年3月の世界選手権(東京)の代表最終選考会を兼ねて長野市ビッグハットで開幕する。23日は会場で本格的な練習が始まり、男子で2連覇を狙う高橋大輔(関大大学院)や2年ぶりのタイトルを目指す織田信成(関大)が調整した。
 好調が目立ったのは、4回転-3回転の連続ジャンプを決めた織田。初優勝を狙う小塚崇彦(トヨタ自動車)も順調な仕上がりを見せた。高橋は4回転ジャンプで転倒するなど、本番に不安を残した。
 女子は5連覇が懸かる浅田真央(中京大)や初優勝を狙う16歳の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)らが練習。
 24日は男子ショートプログラム(SP)などを行い、女子SPは25日に実施。26日の全競技終了後に代表が発表される。

高橋大輔  「トップとして世界選手権に行きたい。そういう意味で大事な試合になる」
織田信成  シーズン前半から全日本に照準を合わせてきた。グランプリ・ファイナルで失敗したフリーを重点的に練習してきた。絶対に優勝する気持ちでやりたい
小塚崇彦  (2連勝した)GPと同じくらいの演技ができる調整はしてきた。全日本の緊張感を克服する自信はある。世界選手権に出たいという気持ちで練習したことを思い出して滑る
羽生結弦  楽しみな気持ちと緊張感が入り交じっている。去年までジュニアで、やっとシニアの一員として挑める。全く心境が違う

★★★

織田「自分の気持ちに勝ちたい」 羽生も好感触=全日本フィギュア ●
sportsnavi  2010年12月23日 18:52
フィギュアスケートの全日本選手権(24日~26日、長野市・ビッグハット)は、開幕を翌日に控えた23日に非公開の練習が行われ、男子の織田信成(関大)ら、有力選手が氷の感触を確かめた。同選手権は、来年3月に東京で開催される世界選手権の最終選考会を兼ねている。男子シングルは最大の3枠を持ち、代表選手は全競技終了後の26日に発表されるが、注目選手の一人である羽生結弦(東北高)は自分の演技を集中することを目標に挙げた。
 以下、の織田、羽生両選手のコメント。
■織田
――状態は
 (グランプリ)ファイナルから時間が短かったので、少しプログラムを手直しするぐらいで、後は体を休めたり動かしたりしながら、強弱をつけてうまく練習できたと思います。体調も万全なので、このまま試合に臨めたらいいなと思います。
――緊張に勝つという課題については
 今まで絶対に勝ちたいと思うと、自分に課したプレッシャーに勝てなくていい演技ができなかったこともあるので、今回は「絶対勝つ」という自分の気持ちに勝ちたいです。
羽生
――滑ってみて、会場の氷の感触は
 調子も上がってきていますし、悪いイメージもほとんどないので、いい感じに仕上がっているのではないかと思います。
――スケートアメリカを終えてから練習してきたものは
 スケーティングとスピン、ステップなど、ジャンプ以外のエレメンツを意識してやってきた。
――世界選手権の代表争いと考えると、いい成績を残さなくてはいけないが
 ロシア大会では表彰台を意識してしまったので、まずは自分の演技をしっかりやりたいと思います。結果がついてくればそれに越したことはないと思っています。